スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレファントファクトリーへ

久々に。昨日。

画像クリックで拡大

メニュー(コーヒーの豆)が少し変わってました。カップのサイズも「マグ」が新しく登場。古書に田中小実昌の著作が加わってました。

夕刻、ライトの光量を落とし、入口のドアを開け放しに。ドア近くに座るとゆるやかな風が丁度良い心地。一日の終わりに始まる夜の時間。ライブ盤のBGMに程よく賑やかな店内。エレファントファクトリーの夕方の顔は至福のひと時でした。

写真は、コーヒーのお供、竹中郁『消えゆく幻燈』(編集工房ノア、1985)、先日ベルリン・ブックスさんで求めたもの。丸山薫・稲垣足穂・三好達治・堀辰雄ら作家や詩人、小磯良平や鍋井克之ら画家との思い出が、詩人らしい柔かく軽やかな言葉で語られています。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。