スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメちゃん3号

です。

もはや毎度お馴染みです。お店の名前は豊松堂さん。今回のアメちゃんは、「のどあめ・すっきりハーブ味」。文句は「一粒一服・のど楽」。それにしても、このイラスト、何かの本から抜き出しているのか、オリジナルなのか、古本屋としては疑問に思うところ。

花粉症に苦しむ店主ですが、お医者さんに聞いたところ、アレルギーを抑える薬は、どうしても喉が乾くので、いたずらに水を飲むよりは、のど飴を舐めるのが良いかな、とのこと。奇しくも、今回はハーブ入りののど飴、これで今年の花粉春は乗り切れるかと、早くも楽観。はてさて結果はいかに。

これだけ飴を舐めていると、飴の歴史について気になるところ。うーむ、飴の起源とは?京都では今も京飴や金平糖は有名ですが(緑寿庵清水とか)、それもポルトガル由来の金平糖に集約されるのか。それ以前に飴はあったのか?古本屋としては自分で調べねば、というところですが、それも花粉症次第、というところにしておきます。。。

3月から、ボウズカフェさんの営業時間が、開店17時・閉店24時に変更になりました。古書ダンデライオンの古本棚はもちろん、漫画も日々拡大中、お近くにお立ち寄りの際はぜひぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。