スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EREPHANT FACTORY(エレファント・ファクトリー)

という喫茶店に行きました。
こちらは、本格的な珈琲に加え、店主さんがセレクトされた古本も販売している「古本カフェ」でもあります。
加えて、四条河原町という街中にありながら文字通り「隠れ家」で、大通りから路地に入り、さらに細い路地を入った奥にあります。

とても落ち着いた雰囲気で、一人でぶらっと入って本を読んでいると時間が経つのを忘れてしまいます。

こちらからの帰り、河原町三条を上った西側の文房具・雑貨屋「ANGERS・河原町店」で古本祭りというのをやっていました。

大阪や神戸の古本屋さん、本屋さんの出品で、アート系の装丁のお洒落な本や、女性向けのレトロな本などそれぞれのお店のセレクションが面白く、勉強になりました。

店主は、和田誠『装丁物語』を買いました。
遠藤周作の著作の装丁秘話から、丸谷才一、つかこうへい、村上春樹など多くの作家の装丁話が語られています。読み終えたら、この本も紹介したいです。

参加店は

あうん堂」「benlly's&job」「ベルリンブックス」「コロンボ」「コマレヒト アンジェ伊勢丹スタッフ」「ヴィヴォヴァ・ブックストア」「ロル」「ユトレヒト


頂いたコメント

いい喫茶店を見つけたね。
時々気晴らしに出かけるべし…だね。
イベントもあっていたようで、流石
京都というところだね。勉強になった
ようでよかった。
また、ブログで近況を知らせて下さい。
ichiro | 2008-10-15 20:55:32

京都は落ち着いて読書できる良い喫茶店が多いです。また、それぞれ店主さんのこだわりがあって楽しいです。
ブログもまだ慣れずサボりがちですが、お薦めの本の掲載など、ぼちぼち頑張ります。
店主 | 2008-10-17 02:19:52
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。