スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回古本フェス@FOLK ~京都の古本・大阪の陣~

です。

furufes_omote.jpg     furufes_ura.jpg

「第5回古本フェス@FOLK ~京都の古本・大阪の陣~」

日時:2013年10月22日(火)~27日(日) 11~19時 会期中無休

ところ:FOLK old book store (大阪・北浜)
    〒541-0046
    大阪市中央区平野町1-2-1 1F・B1F
    ホームページTwitter地図

「かつて京都にあった古本カフェ・トリペルで開催していた「古本フェス」。
久しぶりの今回は、様々な店内・店外イベントでも注目されている、大阪・北浜の
古本屋・FOLKさんで開催させていただくことになりました。

京都のお隣・大阪での開催ということで、今回は、オール京都の出店陣での
古本まつりを企画してみました。
近いけれども中々京都に行く機会がない、京都に行っても古本屋巡りまでは、
という方にも楽しんでいただけたら、と思います。
京都の古本をぜひ見に来てください。 古書ダンデライオン 中村明裕 」


出店者(順不同)

・小言ほりべえ
 恵文社一乗寺店長の、もうひとつの顔。どんな小言と古本が並ぶのか。
 
・ガケ書房((株)ひつまぶし、子子子家本店、古書コショコショ)
 京都の名物書店・ガケ書房の古本三人衆。古本の場合、序列が変わるらしい。

・ぺるデュ書店
 約100人のブックカバー展で突如現れた架空の古本屋の出店。メリーゴーランドKYOTOの小さな古本市(10/13、14)にも出店されます。その正体は。

・Libretto(リブレット)
 過去の古本フェスにも出店いただいた、知る人ぞ知る古本好きの女性店主さん。息子さんは、古本フェスのマスコットボーイです。

・世界文庫
 昨年、京都の船岡山の近くに開店された古本屋さん。様々な方の本棚からの古本が並ぶ「世界棚」など、京都に新しい風をもたらしておられます。ホームページ

・きりりん堂
 ガケ書房、町家古本はんのき、レティシア書房の棚でもお馴染み、渋さと妖しさを兼ね備えた古本屋さん。

・古書柳
 ガケ書房の古本棚や、数々の古本イベント出店の常連さん。日本文学を中心とした、読み応えのあるセレクトに注目。

・古書善行堂
 ご存じ、古本ソムリエ。京都新聞の「山本善行 京滋文学道しるべ」の連載も、あと3か月。ホームページ

・London Books
 京都・嵐山の古本屋さん。本を読み続けてきた確かな眼力で、様々なジャンルの良本が並ぶお店からどんな本来るのか。ホームページ

・レティシア書房
 古本、新刊、ミニプレス・リトルマガジン、ギャラリーと、本に関わる色んなものが楽しめる古本屋さん。ホームページ

・平面
 知る人ぞ知る古本ユニット。映画監督、古本屋店員などの顔を持つメガネを中心に。100000tアローントコの棚にも出品中。

・100000tアローントコ
 京都の面白いこと、古本・中古レコード界の渦の中心地のひとつ。はまったら、なかなか抜け出せません。ブログTwitter

・OKABAR文庫
 京都の素人の乱のお店・オカバーの店主の古本屋Ver.。かつて、古書ダンデライオンと、もう一人と、おかくんの3人で、古本・マンガカフェ・トリペルというお店をしてました。ブログTwitter

・マヤルカ古書店
 町家古本はんのき第2期メンバー。現在は、自店立ち上げの最中。自店でのイベント、各地へのイベント出店など、古本、こけし、雑貨の道を邁進中。ホームページ

・古書ダンデライオン
 かつて古本・マンガカフェ・トリペルを3人で展開、現在は町家古本はんのきを3人で展開中。古本フェスの開催は(第4回からは)実に2年ぶり。自分が、色んな人の色んな古本を目の前で見たいがために古本フェスを開いたというのは内緒です。


イベント企画

その1
「期間限定・復活トリペル」
古書ダンデライオン含む3名で展開していた古本・マンガカフェ トリペルの
カレー&珈琲を、古本フェス期間中、FOLK店内にて提供いたします。
幻の味を、お楽しみください。

その2
古本フェス・トークショー
「なるべく正直に話しなさい。 ガケ書房・山下店長にこの際聞きたい25のこと」
日時:27日(日)、19時~20時ごろ
参加費:500円
定員:25名
ガケ書房の山下店長を迎えて、トークショーを開催します。
皆さんの質問に、虚実まじえつつも赤裸々に、山下店長がアレコレお答えいたします。
申込みの際に、氏名・電話番号、山下店長に聞きたいことを1つだけ
お教えください。申込みは、古書ダンデライオン(o.b.dandelion@gamil.com)まで。

主催:古書ダンデライオン 中村明裕(Tel:075-211-1977、Mail:o.b.dandelion@gmail.com)

今までの古本フェスと同様、今回のフライヤー・デザインも、ぱんとたまねぎの林舞さんにお願いしました。10月15日には、彼女が手掛けた新刊書『パン語辞典』(誠文堂新光社)が発売されます。こちらもこうご期待。詳しくは➝ブログ

フライヤーを置いていただいているお店 (敬称略・順不同)

Ital Gabon(アイタルガボン) ・エレファント・ファクトリー・コーヒー ・レティシア書房 ・三月書房 ・ガケ書房 ・恵文社一乗寺店 ・メリーゴーランド京都 ・古書善行堂 ・100000tアローントコ



---------------------------------------
ツイッターやってます。やくたいもないこと、ときどきつぶやいてます。
@koshodandelion

雲のうえのしたでブログ更新されてます。コチラ
「雲のうえ」第18号、発航!
「雲のうえ」応援誌「雲のうえのしたで」の会員も随時募集しております。ブログでも詳細掲載しております。京都では、ガケ書房スタッフ・うめのたかし氏、もしくは古書ダンデライオンまでお問い合わせください。

西日本新聞社より、「雲のうえ」の合本『雲のうえ 一号から五号』(北九州市にぎわいづくり懇話会)
が発売中です。詳しくはコチラ

雲したツイッターです。ときどきつぶやいてます。
@kumonoshita
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。