スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の古本めぐりの

強い味方、です。

画像クリックで拡大

当店にも「本の本」のジャンルがありますが、昔から「古本屋さんについての本(古本屋ガイド)」といった本も出版されています。新しい所では『東京古書店グラフィティ』(池谷伊佐夫、1996年)、『三都古書店グラフィティ』(同、1998年)、『神戸の古本力』(林 哲夫、高橋 輝次、北村 知之、2006年)、『女子の古本屋』(岡崎武志、2008年)などなど。

ただ、残念なのは、昔出版されていた『全国古本屋地図』(日本古書通信社、2001年まで発行?)のような、日本全国を網羅した古本屋ガイドがないこと。営業形態の変化(当店のようなオンライン古書店、目録通信販売専門の古書店など)や、古書店そのものの新規出店や閉店などによる改訂の煩雑さ、など様々な理由が考えられます。

とはいえ、上記の『神戸の古本屋』のように、古書店の数や歴史のある街では、その街の古本屋についての本が出版されています。福岡版も出して欲しいなぁ。

京都版ガイド本がこれ。『京都 読書空間』(光村推古書院、2005年)。昔からある古書店に加え、新しい古書店や、新刊書店、はてはブックカフェまでバランス良く掲載されている、まさに本好きのための本。次回新入荷商品にアップします。

雑誌でも、古書店やブックカフェの特集を良く見るようになった今日この頃。また読書に関するサイトなども次々に出来てきてます。ブクロググラデーションブックスBook Japanなどなど。本・古本イベントもあちこちで。福岡のBOOKUOKA、名古屋のBOOKMARK NAGOYA、仙台のBook!Book!Sendaiなどなど。

映画のパンフレットを次回新入荷商品としてアップすると、このブログで書いたのですが、思ったより大変で、また他の仕事のこともあり遅れていますので、次々回にアップいたします。すみません。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。