スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回古本フェス@トリペル・3日目

です。

本日は、昼過ぎに雪がちらちらと舞ったものの、その後は良いお天気でした。それでも、夜までまだ雪が残ってるところはありましたが。日曜ということもあり、またまた多くの方にお越しいただきました。もうすでに2回目のご来店の方も何人か。ありがたいことです。

以下、毎度お馴染み、勝手に推薦書。

画像クリックで拡大

風博士さんの本から。名作中の名作、もはや古典と呼ばれてもよいのではないでしょうか。レイ・ブラッドベリの『たんぽぽのお酒』(晶文社)。これはホント、20代までに1度は読んでみてほしい小説。幾つになって読んでも、もちろんいいですが。未読の方はぜひぜひ。

画像クリックで拡大

はなめがね本舗ちゃんの本から。長新太『ブツブツとうさん ほらふきノート』(晶文社)。これは、はなめがねちゃんも一押し。「子どもを持つお父さんにぜひ読んでほしい」と言ってました。誰が読んでもクスリと笑える、長さん節。

画像クリックで拡大

本の会さんの本から。種村季弘『吸血鬼幻想』(河出文庫)。ドイツ文学者の氏が、吸血鬼にまつわる伝説・民話・小説などの研究を一冊にまとめたもの。この方向に興味のあるかたは必読の書。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

古本徘徊堂さんの本から。『あまカラ』(甘辛社)。「食」にまつわるエッセイや記事を掲載した小冊子。何が凄いって、この執筆陣!各執筆者のカラーで、この薄い冊子が、ボリュームある中身になってます。これは、コンプリートして、通して読んでみたい。この中でしか読めないものもあると思います。200号まで発行。ぜひ集めてみてください。

続いて、古書城田さんの本から。・・・・撮り忘れました・・・。ほんとにごめんなさい。せっかく、今日、ご来店いただいたのに。明日、掲載いたします。あぁ、情けなや。

画像クリックで拡大

M堂さんの本から。『ホーフマンスタール詩集』(板倉鞆音訳、思潮社)。板倉鞆音は、リンゲルナッツの名訳者としても有名。自分は、『ケストナァ詩集』(思潮社)の翻訳で、この方を知りました。

画像クリックで拡大

本の森さんの本から。いまや伝説ともなった(?)英文学者、由良君美の文集、『風狂 虎の巻』(青土社)。由良君美の全集とか出ないかなぁ、と時々思うのですが。

以上、勝手に推薦書、です。ちゃんとした推薦文になってないかもしれませんが。ぜひ実際、手にとってみてください。第1部も、残りあと2日。はやいもんだ。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大     画像クリックで拡大



---------------------------------------
ツイッターやってます。ときどきつぶやいてます。
@koshodandelion

雲のうえのしたでブログ更新されてます。コチラ
「雲のうえのしたで」も、もうすぐ発行予定!
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。