スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多謝・夜ふかし市6

です。

昨日、さらさ花遊小路で開催された、「夜ふかし市6」に出店させていただきました。

画像クリックで拡大

まだ開場前の17時ごろの準備風景。主催者の内の3人が写ってます。右から、nowheremanくん、DOMAさん、後姿のシマシマシャツ、100000tのカジさん。さらさの2階には、初めて上りましたが、結構広い。

画像クリックで拡大

DJアツシとTA-CHAN。アツシ氏は、実は、前回の古本フェスに出ていただいた、ポコモケ文庫さん。この方、何でもできます。機材も自前。男前。この日はスカートでキめてました。ナイスな音楽をかわりばんこでプレイしてくれました。

画像クリックで拡大     画像クリックで拡大

雑貨、アクセサリーの出店者さんが多かったです。みんな、ディスプレイが綺麗。

画像クリックで拡大

右側、COSMIC FAMILYさん(ふんどし、帽子、版画など)、左側、shokoさん(アクセサリー・ぬいぐるみなど)に挟まれて(両手に花!)、古本。COSMIC FAMILYさんは、ガケ書房さんのお向かいの、ちせさんやイベント出店でも販売されているそう。
shokoさんは、知恩寺の手作り市に出店されてるそう。今回見逃した方は、ぜひぜひ。

こちらは、いつもの海外・日本文学に加えて、音楽・アート・サブカル多目で持って行きました。若い女の子が、大正時代に出版された石川啄木の詩集を買ってくれたのは、驚きとともに、嬉しかったです。可愛い袖珍文庫でした。啄木は、いつの世も若い娘に人気なのか。他には、巻上公一さんの本とか、秘密結社の本とか、稲垣足穂の本とか、松田優作の本とか、特色のあるものが人気でした。

開場して、20時ぐらいから混み始めて、あまりの人の多さで暑くなり、クーラーがかかってました。ビールを5杯も呑んでしまいました。楽しかった。この日だけの、さらささんのフード(チキンカレーと肉団子の汁ビーフン)も美味しかったです。

画像クリックで拡大

nowheremanくんのお菓子。ピスタチオと杏のケーキ。美味かった。オリジナルの詩も付いてます。
お菓子との相乗効果。

画像クリックで拡大

この日は、夕方まで雨がパラついてたけど、夜には止んでよかったです。月も綺麗に出てました。
店内で傘さす子。

画像クリックで拡大

左端。19時くらいで3杯くらいビール呑んで赤いカジさん。

画像クリックで拡大

アイボンさんデザイン(作製も?)のマスク大人気でした。首振ってるからブレてる。ちなみに、これ被ってた娘は、はんのきを一緒にやっている思いの外くんの大学の古本部の後輩でした。長島有さんのサイン本をお買い上げ。さすが。

画像クリックで拡大

帽子の方。HiFiCafeさん。町家で喫茶店をされていて、音楽好き(お店にレコードがン千枚)で本好き。
くつろぎ空間です。

画像クリックで拡大

そして、夜ふかし市のメインイベント、はまぐちさくらこさんの紙芝居。お店やりながら、描いてはりました。そして、内容、読み方(歌・振り付き)も面白かったです。クリスマスの話。ニューヨークが舞台でした。夜ふかし市にやっと来れて、やっとさくらこさんのパフォーマンスが見れて、満足。

画像クリックで拡大

この日、一番驚いたのが、これまた前回の古本フェスに出ていただいた、大阪のFOLKさんが来られてたこと。ほんとにビックリした!お店の移転のお話は、前から伺っていたのですが、北浜へのお引越が決定されたとのこと。年明けすぐにオープンです。ギャラリーや、カフェも併設されるそう。北浜の新しいスポットになりそう。これは楽しみです。オープニングイベントも、色々と楽しいことを考えておられるそう。お楽しみに。

この日は、知ってる人や、はんのき・トリペルでチラシを見てくれた方も来てくださって、ほんとに楽しいイベントでした。来てくださった方々、さらさ花遊小路の皆さん、主催者・出店者の皆さん、ありがとうございました。


追記:今回、「全部ウソ」という店名で出店していたガケ書房のアノ人は遅刻してました。罰として髪切って。



---------------------------------------
ツイッターやってます。ときどきつぶやいてます。
@koshodandelion

雲のうえのしたでブログ更新されてます。コチラ
次号の「雲のうえ」は11月20日発行予定。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。