スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多謝・ブックオカ一箱古本市@博多・けやき通り

です。

先日の3日(木・祝)、博多のけやき通りで、ブックオカのイベントの一つとして、一箱古本市が開催されました。このイベントに、古本の出品で、共同出店しました。

画像クリックで拡大

メンツは、北九州市の情報誌「雲のうえ」の編集委員をされている、画家の牧野伊三夫さん、ぱんとたまねぎ、モビール作家のよしいいくえさん、古書コショコショ、古書ダンデライオンのクインテット。

画像クリックで拡大

皆、北九州出身&在住者で、店名は「雲のうえとした」。
北九州のショップ緑々(あおあお)さん提供の牧野さんの古本、ぱんたまの最新号、いくえさんのモビール、
京都からコショコショ&ダンデライオンの古本、という品揃えで、店番は、ぱんたまといくえさんがつとめてくれました。

画像クリックで拡大


この日は、暖かく、けやき通りが歩行者天国になり、多くのお客さんで賑わっていたそう。
お蔭様で好評だったそうで、何よりでした。
博多の皆さん、ありがとうございました。
ブックオカは1ヶ月間のイベントで、この後も、まだまだ楽しいイベントがたくさんあるそうです。
近隣の方は、ぜひぜひ。

画像クリックで拡大

実は、この前の週に、実家へ帰っていて(1日は博多にも行った)、いつもの古書城田さんや、この時初めてお会いできた緑々さんらと一緒に、風博士のライブを聴きにいったりしていたのです(@折尾・往猫亭)。風博士は、現在日本全国を旅ツアー中で、ちょうど帰郷時に北九州に来られたのです。風さんといえば、京都のガケ書房さんと縁が深いミュージシャンで(一度トリペルに来られた)、地元でお会いするのが不思議な感じでした。

緑々さんのお店にも初めてお邪魔しました。フェアトレードの食品や飲料、雑貨に、本に、と、濃密で、でも不思議と落ち着く空間でした。入荷したての、アルパカのコートも試着させてもらったり。北九州も良いお店がたくさんあります。

上述の「雲のうえ」の最新号も、まもなく発行されるそうです。今度のテーマは「人」だそうで、北九州の魅力的な面白い方々のインタビュー記事が満載なのだそう。こちらも楽しみに。

次に地元に帰るのは、いつになるだろうか、さてさて。



------------------------------
ツイッターやってます。ときどきつぶやいてます。
@koshodandelion
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Ustrem

ありの文庫さんのブログ経由で第8回USTREAMを拝見しました。
お顔が赤く写っていたのは日焼けのせいか?それともアルコールのせいか?
70分を越す録画なので未だ最後まで観ていません。
近い内にお邪魔します。

いつもありがとうございます。
顔が赤く見えたのは、たぶん日焼けです。
一応素面で頑張ってます(笑)
プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。