スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲のうえのしたで

です。

画像クリックで拡大

まずは、『雲のうえ』という冊子があります。雲のうえのしたでHP内の「雲のうえとは」で、

「「雲のうえ」は、変わりゆく北九州市という街の現在を伝える雑誌です。06年10月に創刊し現在まで毎号ひとつのテーマを取り上げ、街の姿をレポートしてきました。編集委員は、小倉出身の画家・牧野伊三夫さん、アートディレクターの有山達也さん、編集のつるやももこさんの3名。毎号、新たな執筆者と写真家を迎え、本づくりがなされています。」

と、説明されています。バックナンバーなどの詳細はコチラで。

雲のうえとの出逢いは、ガケ書房さんで。同じ福岡県北九州市出身のスタッフ・ウメノさんが面白いものあるよ、と見せてくれました。19歳までしかいなかった地元に対しては、あまり愛着を持ってなかったのですが、この冊子が見せてくれる、色々な北九州の顔をみるにつけ、「地元も悪くないかなぁ」と思うようにもなりました。そういうきっかけを作ってくれた「雲のうえ」のサポートとして、「雲のうえのしたで」が生れようとしています。

北九州出身ということで、編集委員の末席に加えさせていただいたのですが、北九州の面白さとか思い出話などをちょっとずつお伝えできれば、と思っております。大先輩の古本屋さんの古書城田さんや、まだお会いしたことがないものの、エネルギッシュさがあちこちから伝わってくる緑々(あおあお)さん、福岡に帰っても、あちこちで大活躍中のぱんとたまねぎ、雲のうえのした関西支部長・古書コショコショさんなどの記事もお楽しみに。


スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。