スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークナゴヤ・一箱古本市in円頓寺商店街

です。

画像クリックで拡大

行ってまいりました、一年ぶりの名古屋・円頓寺商店街。この日は快晴で暖かかったです。受付で、ブックマークイヌヤマのチラシを配っている方がいたので、もしやと聞くと、五つ葉文庫さんでした。噂に聞いていたが、面白そうな方で、この後は、ブログやチラシにも載っている鎧姿で商店街の中を練り歩いておられました。カッコイイ!!

画像クリックで拡大

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大 

こちらも負けじと(?)展開。前回は、大きな道路を挟んで東側の方でしたが、今回は西側。相変わらず字がきちゃないのが、自分でも気になるところ。ダンデライオンがダソデライオンに見えた・・・。そうこうしている内にスタート。やはり、地震の影響もあってか、昨年に比べると、お客さんも少なめでしたが、それでも、この古本市のために名古屋に来られた三重県の方や、岐阜県の方もおられました。

昨年、この古本市で寄ってくださり、先のトリペルでの古本市にも来てくださった方が、今日も立ち寄ってくださったり(嬉しすぎる)、また前回に、ジュール・ヴェルヌの『氷のスフィンクス』を探されてた方がまた来てくださり、今日持って来てたものの、その方が来られる前に売れてしまってたり(買った方もやはりヴェルヌ好きだった)、連関的にお薦めした本を全部買ってくれた学生さんとか、たまたま愛知美術館で開催中のご友人の展示の帰りに立ち寄られたというハコバカハコガカさんコンビが立ち寄ってくださったり(ほんとに驚いた!)、やっぱり一箱古本市は楽しかったです。

今回は、イベントスタッフの方に店番をちょこっと替わっていただいて、他の出店者さんの本を見ることもできました。会場で販売されていた、ぱんとたまねぎ『あるところに 名古屋 (ぱんとたまねぎの旅物語)』にも載っていた猫飛横丁さんの本も面白かったです。

楽しい時間も、あっちゅうまに終わり、お片づけ。この日、同じく出店していた古書思いの外くんと二人で、商店街近くの、今週オープンしたての、古民家を改装したお店で打ち上げ。酔っ払いつつ、これから先々の野望(妄想?)を語り合い、名古屋駅で解散、帰京したのでした。

東日本大地震という深刻な災害の直後で、企画者、参加者のみならず、お客さんたちも皆それぞれに、恐らく何かしら感じながらのイベントだったと思いますが、そんな中でも、ささやかな楽しさを共有できるものだったのでは、とも感じました。実行委員会の皆様、お客様方々、今回もありがとうございました。また、来年も行きます。


今回旅立った本

『ちょっと面白い話』(マーク・トウェイン)『騎兵隊』(バーベリ)『歌おう、感電するほどの喜びを!』『ブラッドベリは歌う』(共にレイ・ブラッドベリ)、『ストーカー』(A&B・ストルガツキー)『シルヴェストル・ボナールの罪』(アナトール・フランス)『フィリップ短篇集 小さき町にて』『人生処方詩集』(E・ケストナー)『猫が耳のうしろをなでるとき』『第二の顔』(共にマルセル・エーメ)『フランス怪談集』(日影丈吉編)『名探偵群像』(シオドー・マシスン)『メグレと火曜の朝の訪問者』(ジョルジュ・シムノン)『チェコスロヴァキアめぐり』(カレル・チャペック)『夜の手帖』(マリー・ローランサン)『アポリネール傑作短篇集』『ケルト妖精民話集』『ケルト幻想民話集』『失われた足跡』(A・カルペンティエール)『エミリーの薔薇』(フォークナー)『醜女の日記』(プリニエ)『ミステリアス・アイランド 上・下』『氷のスフィンクス』『カルパチアの城』『オクス博士の幻想』(共にジュール・ヴェルヌ)

『イメージの文学誌 水底の女』(島尾敏雄監修)『補陀落渡海記』(井上靖)『加田伶太郎全集』(福永武彦)『家畜人ヤプー』(沼正三)『合作探偵小説 屍を』(江戸川乱歩ほか)『詩人であること』(長田弘)『晩年の父』(小堀杏奴)『詩とダダと私と』(吉行淳之介)『宇宙論入門』(稲垣足穂)『なぜ、猫とつきあうか』(吉本隆明)『虚無への供物』(中井英夫)『山之口獏詩集』『眼の哲学/利休ノート』(青山二郎)『都会の憂鬱』(佐藤春夫)『日本伝説集』『文章読本』(三島由紀夫)『文章読本』(中村真一郎)『星痕を巡る七つの異文』(時里二郎)『THE SCRAP 懐かしの一九八〇年代』(村上春樹)『スカトロジア糞尿譚』(山田稔)

『古本道場』(角田光代、岡崎武志)『くまぐす外伝』(平野威馬雄)『夢みる人ローランサン』


EX.去年のブックマークナゴヤ・一箱古本市in円頓寺商店街の記事
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。