スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本めぐりという名の花粉吸収行

です。

画像クリックで拡大

昼いちで桂へ。その後、ようやく初めてロンドン・ブックスさんへ。嵐山に来たのも4年振りぐらい。誰と来たのか思い出して涙ぐんだわけではなく、花粉症で涙ぐんでいました。マスクをして行ったのですが、眼が、痒くて痒くて。閑話休題。ロンドン・ブックスさんは綺麗なお店でした。そして広さもある。本もバランスの良い感じ。海外文学も2棚分あって楽しめました。

画像クリックで拡大

途中、雨が降る中、傘をさしつつ、ふらふらと東進。かわい書房さんへ。こちらも久々。相変わらず、何かある雰囲気です。雰囲気だけじゃなくて、面白い本がありました。むふふ。そしてさらに東進。ありの文庫さんへ。本やCDの位置が変わってました。古本フェスの時に話していて、半取り置きにしていただいていたフアン・ルルフォの『ペドロ・パラモ』や、昨日寝しなに読んだ『センセイの書斎』(内澤旬子、河出文庫、2011年)に登場していた柳瀬尚紀のエッセイなど。今日は、お二人ともいらっしゃって、Yさんより、「たんぽぽ」つながりで、と『たんぽぽ ヴォルフガング・ボルヒェルト掌編集』(未知谷、2010年)をお借りしました。ありがたや。

運動がてら自転車で出かけたのですが、マスクをしていると、暑くなり、途中から外していると、帰る頃には、頭がぼんやり、くしゃみ連発、眼は腫れぼったく・・・と本格発症。いよいよこの季節が。明日は耳鼻科に行こう。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。