スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本フェス9日目

です。

本日も晴天なり。絶好の週末。沢山の方にご来店いただきました、ありがとうございました。ガイブンスキーさん、吉井さん、チーコさん、マナさん、木更津さんご夫妻、日比野さん、皆々様、ありがとうございました。

以前来ていただいた、赤ちゃん連れの方が小さな娘さんもつれてきてくださいました。その娘は、英語の絵本ですが、絵を気に入ってくれたようで、最初に手に取り、他のも見たのですが、やっぱりこれを、という風に選んでくれました。英語を説明するのはお母さんで、ちょっと大変かもしれませんが。自分を振り返ってみると、やっぱり、幼い頃に読んで気に入っていた絵本の絵は、覚えているもので、その娘にとってもそんな本になってくれたらいいなぁ。

また、このフェスの間、自分は、自分から見て、面白い本、面白そうな本、というのを基準に本を並べているのですが、やはり、お客様が本を選ばれる理由もあるわけで、時にはこの組み合わせは、と驚かされることもあったり、この本を買われるのはなぜ?と思うこともあり、もっと色々お客様と話したいなぁ、と思うことが多々ありました。時にはこちらからお尋ねしたり、お客様から言っていただいたり。今日も、マルグリット・ユルスナールの本を買われた女性が「須賀敦子さん(の翻訳)つながりで」とポツっと言ってくださったのが嬉しかったり。また、このフェスの後、通常の店番に戻るのですが、その時は、またゆっくり話せたら、と思います(割といつも聞くか?)。

あと、今日は朋友と呼べる方を発見。ええ、顔・名前を覚えられない仲間です。はい。3,4回会ってやっとですよね、と同意を。接客業として致命的なのですが、中々改善されません。反省はしてます。常に。仲間ができて少し気持ちが軽くなりました。なっただけです、はい、頑張ります。

さぁ、明日はいよいよ最終日。もう何も言いますまい。お待ちしとりまっす。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。