スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本フェス6日目 第2部すたーと

です。

画像クリックで拡大

はい、古本フェスもいよいよ後半戦、第2部がスタートしました。この企画を思い付いた時に、一番最初に頭に浮かんだお三方、固有の鼻歌さん、古書城田さん、徒然舎さん、いつもお世話になっている、砂の書さん、カライモブックスさん、古書コショコショさんです。皆さん、第1部の出店者の方々と同じく、各店の本がはっきりしていて楽しいです。これが古本の醍醐味やなぁ、と開店前、一人でニヤニヤしてました(アブないかな)。

今日は天気も良く、暖かく、初日と変わらないぐらい多くの方々にお越しいただきました。初日と同じく、1,2番目に来てくださったdecoさん、Tさん(仕事を遅らせて汗)、第1部と第2部と来てくださった方々、ガケ書房の山下さん、たなかやさん、2日連続で来てくださったジュンク堂のOさん、おかばあの竹村くん、皆々様、ありがとうございました。今日は、1歳未満のお子さんを連れた方が2組も。赤ちゃんが、本に囲まれて、ここは何なんや?というような顔をしていたのが面白かったです。

また、今回の出店者さんでは、カライモブックスさんが、石牟礼道子さん直筆イラストの絵葉書を、古書城田さんがダミーブック(綺麗な布張りの本を開くと箱になっている!)を出品してくれています。こちらもぜひぜひ。

画像クリックで拡大

閉店間際まで、お客様が。最後に、砂の書の寺井さんが来てくださいました。そして、お土産をいただきつつ、閉店後の店内でアレをゴソゴソと楽しく。怪しいモノではないですよ。古本フェス後、またトリペルに新アイテムが入ってきます。こちらも入り次第、またお知らせを。

明日から2日ほど雨模様らしいので、お客様は・・・、と店主として考えるところはあるのですが、本好きの個人的な考えは、また新しい本に出逢えて幸せ、といったところです。知らない本だらけなので勉強にもなります。こんなアホな店主がお待ちしております。はい、ぜひぜひ。

最後に、1枚目の写真中に重大な誤りがあります。思いの外くんを笑えません。大反省。廣瀬さんゴメンナサイ。あと汚い字でゴメンナサイ。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こらっ!

うふふふふ(笑)
改めまして、今回はありがとうございます。
本、足りましたか?
並んでいるところを見られないのが残念です!
(お手数でなければ、当店ブログでも紹介したいので、写真を数枚お送りいただけるとうれしいです。)
明日からのお天気にも負けず、よい出会いがありますことを願うばかりです。
無休で大変なことと存じますが、お体に気をつけて、がんばってくださいませ。
わたしも引越しがんばります!

いい時間が過ごせました。

decoさんもおっしゃっていましたが、おどろくほど居心地のいい空間でした。一隅だけの古本市ではなく、店ごと古本屋さんに変身させてしまうところが、素晴らしい思いつきだと思います。きっと、たくさんのエネルギーが必要だったことと思いますが、ぜひ、また企画してください。遠方なので、夜はなかなか行けませんが、カフェトリペルも体験してみたくなりました。こういう気持ちになるのも「お店まるごと変身」だったからでしょうね。人が場所をつくりあげる魅力を感じました。お疲れがとれる頃、また大阪にお越しください。あ、にんじんケーキ、とても美味しかったです。

>廣瀬さん

す、すみません(汗)。カライモさんと「なんかおかしいですよね?」と再三見て気付きました。いやもう、ほんとに失礼をば・・・。直接お持ちいただいて、ありがとうございました、お会いできて嬉しかったです。本は充分に足りております。幅広いジャンルで、お客さんだけでなく、私も楽しませてもらってます。写真、送りますね。ありがとうございます。廣瀬さんもお疲れのでませんよう。

>葉月さん

いつも遠方よりお越しいただき、ありがとうございます。この企画を思いついてから、実現に向かう間、手探りのことも多かったですが、意外とやってみるとすんなり、ということもあり、また、やってみると、予想以上の楽しさ・嬉しさがあり、またやりたいなぁ、と早くも思ってます。また、機会がございましたら、カフェのほうもぜひ。このイベントが終わって一息ついたら、大阪(一色文庫さん)にも行きたいと思ってます。ケーキ、ありがとうございます。作製者にも伝えます。またお会いできることを楽しみにしてます。
プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。