スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本フェスすたーと

です。

画像クリックで拡大

古本フェスがいよいよ始まりました。テンションが上りすぎておかしくなった人、ではなく、今回最年少参加の、古書・思いの外くんです。今日は、店番のヘルプに来てくれました。ありがたや。パイナップルは、ありの文庫さん提供。ありがたや。

開店時は、まだ雪が降っていて、早速、お客様のお越し。decoさん、Tさん、ふるほんやロシナンテさん。皆さん流石。後は、お客様が途切れることなく来てくださいました。老若男女問わず(1桁代~60代男女、東京の方や、外国の方もお見えに)、色んな方に来ていただき、ありがとうございました。お客様が買われた本をきっかけにして、アレコレ話すのも楽しいですし、いつもは飲食店として接客をするトリペルで、古本屋として店番をするのも楽しい。準備は大変だったですが(自分のことで)、やって良かった、と初日にして思いました。後は、本の追加を頑張らねば・・・。

それにしても、やっぱり、他の出店者さんの本を見るのも楽しい。こんな本があるんや、とか、えっ、この本がこの値段で、とか、あ、被った、とか、あぁ、コレ欲しいなぁ、とか。基本的に見てると欲しくなるので、あんまり見ないようにしてますが、欲しいなぁと思った本ほど先に売れるから不思議です。

まだまだ良い本あります、お待ちしております。

 
ありの文庫さん    善行堂さん    トンカ書店さん


きりりん堂さん    思いの外くん    空夢箱さん
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

店主様

 フェス、無事スタートおめでとうございます。

# 10日間の長丁場、体に気をつけて頑張ってください。

 またまた、貴重な本を分けていただきありがとうございました。

 昨日の夜、やっとサラマーゴ本を読み終わり、今日は、早速、『三日間』を読ませていただきました。
 入手は長期戦になると覚悟していましたので、続けて読めるとは、夢のまた夢のよう。感謝いたします。

 小説の題材として、後続の作家二人にその死が取り上げられる詩人ペソア、この二編だけでは、当然解らないところだらけですが、ますます興味がそそられました。
 この勢いで、ペソア自身の著作にも挑戦したいと思います。

いつもお気遣いいただき、また、この度もいち早くご来店いただき、
ありがとうございます。そうですね、今日で3日目が終わり、緊張が
抜けそうなところ、ほどよくメリハリつけてやります。

ガイブンスキーさんには、最近(最初から?)色々とガイドしていただき、
本当に勉強になります。ペソア、読書会などでもできれば、とも思ってます
(幸いまだ新刊でも手に入るので)。色々お導きください。こちらも、一息
ついたら、追いかけたいと思ってます。

お導きいただいているのは私です

店主様

 今回のペソアをお教えいただいたのも、オースター、メルヴィル等を再認識させていただいたのも間違いなく店主さんからです。

# 多田智満子さんもですね。

 その他、ブログの本文や店番読書で取り上げられた話題や本に、その前後で、新聞、テレビ、本屋等で目にするという巡り合わせがあまりにも多いことよ。

 読書は、20年以上の空白の後、やっとこの2~3年で再開、まだまだ駆け出し、世の先達、目利き、レファ本頼りにぼちぼちと読んでいる次第です。
 しかし、一人で読むのは孤独なもの、お店でいろいろ“受け売り”話を聞いていただいたり、新しい作家、詩人、訳者さんを教えていただいたり、探していた本をわけていただいたり(もちろんこれがメイン!)をもっぱら読書を続けるエネルギーにしています。

 これからもよろしくお願いします。

# う~ん。やっぱり、もう一回行くしかないのか?!そうなると自重したあの本sも欲しくなりそうだし...。
>後は、本の追加を頑張らねば・・・。
>持ってきたまま、棚出しするのを忘れていた一箱も追加しました。

いえ、こちらこそ、お店(はんのき)をはじめて、外国文学の同好のガイブンスキーさん
と知り合えて、どれだけエネルギー(読書欲に加えて、探書力も)をいただいたか
わかりません。今後もご期待に応えられましたら。

些少ではありますげ、外国文学も少し追加を。また、他の出店者さんの本にも、
面白いものがあります。ご足労かもしれませんが、また楽しんでいただけるかなぁ、
と思ってます。
プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。