スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上着買ったり本買ったり

です。

画像クリックで拡大

今日は夕方まで在宅作業。買取り本の整理、整理、整理。今週土曜の「一箱古本市inえいでんまつり」の本、ガケ書房さんの古本棚に出す本、11月の「芦屋のちいさな古本市」の本、はんのきの本、トリペルの本、ダンデライオンの本、と、6種類分類で本の手入れと値付け。10月はお蔭様で沢山の買取りご依頼をいただき(ありがとうございます)、本は山積み。忙しくて中々手がつけられず、机の周りも本だらけで炬燵も出せず。炬燵布団はクリーニングに出したのですが。これはまだ先か?いや寒くなってきたからそろそろ出したい。しかし作業は終わらず。

お腹が空いたので、近所の「mocomococafe」でカレーを。こちらのカフェは町家を自分達で改装して、5人のメンバーで立ち上げたという所で、何となく親近感があり、ちょこちょこ行きます。島根の海士とのコラボでイベントをしたり、丹波ヌーヴォーのワイン解禁フェアをやったりと元気なお店。カレーも秋仕様になってました。お店に出ているクロノさんに「タイムボカンが~」という話をしたら「知らない」と言われてしまい、あまつさえ「ジェネレーションギャップかなぁ」とまで言われてしまいました。ショック。

ショックを受けつつも、カレーでほどよく暖まり、そのまま南下して「さんさか」さんへ。少し久々。珈琲の入れ方をネルドリップに変えられたそうで、早速。珈琲カップ&ソーサーも新しいものになっていて、この日は「ペルー」をいただいたのですが、すっきりとした酸味があり、それでも落ち着いた深みもあり、珈琲の奥深さを今日もしみじみ感じました。自分も珈琲を出す身となり、色々出し方を考えたりしますが、ほんとに奥が深いです。店主の木村さんから「ブログをはじめたよ」と、新しいショップカードをいただきました。ブログはコチラ。「ハテナブログを使われてるんですね」と聞くと「ハテナの会社ってすぐそこにあるって知ってる?」と。知りませんでした。さんさかさんから南に行ったところのセブンイレブンが入ってるビルにあるそう。京都の会社だったとは。

さらに南へ。御池通を渡り、三条通を東へ、寺町通を南下。洋服屋さんで上着を購入。これで当面の寒さ対策はいけるか?試着したのを見た店員さんの一言「わお、全身アースカラーですね!」。アースカラー・・・、そんな表現が。寺町通を北に戻り、老舗古書店の尚学堂書店さんへ。堀辰雄の全集の端本が安くあったので購入。この時代の作家の全集はちまちま集めています。嬉しい。帰宅後、また本の作業へ。いつ終わるやら。とりあえずエイデンの古本市の分を・・・。

写真は、はんのき改装でお世話になった京都建築専門学校さんの「建工祭」のポスター。10月30日(土)と31日(日)の2日間。土曜は古本市で行けないのですが、31日の餅つきには、はんのきの店番前に行こうかと。お近くの方もぜひぜひ。

また、毎月恒例、砂の書さん(エイデンの古本市にも出店されます)での一箱出店の本も入れ替えておりますので、こちらもぜひぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

店主様
 
 ガイブンスキー@枚方です。お世話になっております。

 嵐になるのは避けられましたが、秋晴れとは決していえぬ天候の中、一箱古本市、お疲れ様でした。
 
 永らく探していた本をわざわざ準備しておいていただき、ありがとうございました。
 10月に入ってから、マイリンク、セリーヌそして今回と、立て続けに探書が入手でき、ちょっと怖いくらいです。
 いよいよ、早く読んであげないと本の祟りを受けそうです。

#全集の端本とかを古書で購入すると、明らかに読まれていないと思われるものに遭遇します(天のところが一部分離れていなかったり、紐の状態等で判断)。つくづく自分が手放すときは、このようなことになるまい、と思いはするのですが、果たして...。
#確かに、世界文学全集とかで全巻揃えたとすると、自分の興味の無い作家の巻は手を付けないかもしれませんが。
#どちらにしましても、店主様にはマイリンクの“読書感想文”の宿題をいただいているので、少なくともそれだけはなんとかします。(秋の読書週間の、ではなく、冬休みの宿題にしてもらうかも、ですが)

こちらこそ、一番乗りしていただき、嬉しかったです、ありがとうございました。
探書にお応えできて、こちらも喜んでいるのですが、難易度がだんだん上るので、
ちょっと焦りつつ(笑)。

『ゴーレム』、こちらも再読してみます。多分年末年始ぐらいに・・・。今年の年末
はゆっくり本を読もうと思ってますが、果たして。

寒くなってきたので、おこたで読書、といきたいところですが、本が山積していて
炬燵が出せず。これぞ「本の祟り」でしょうか?
プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。