スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休み、走る、京都

です。

今日は休みでした。こないだ休んだだろう、と言われそうですが、ま、それはそれで。とはいえ、午前中はなんだかんだあり、午後、砂の書さんへ。今月も開かれます月市で、今回も、砂の書さんの店内にて一箱出店させていただきます。毎月入れ替えてますよ。今回は店主の寺井さんに「シブイね」と言っていただきました。どんな本が出てるかはお楽しみで。コーヒーをいただきながらしばしお喋り。棚を拝見すると、秋山清の本があったのでこれを。こないだ帰郷した時、古書城田さんと話していて、秋山清が門司出身だ、という話を聞いていたので。他にも、古い文芸雑誌が入荷されていた中から1冊。昔の文芸雑誌って、凄いラインナップで贅沢です。

画像クリックで拡大

砂の書さんより、えっちらおっちら自転車をこいで、月と六ペンスさんへ。探書依頼されていた本を配達。上記の古書城田さんで発見したのです。そして、前から聞いていた、新作のラタトゥイユのセットをいただきました。具沢山の野菜が美味しい。パンも自家製。平日限定。ほどよくお腹もふくれ、眠くなりつつ、一旦帰宅し、すぐ再出発。

以前、一箱古本列車の時にお隣で出店されていたHedgehog(ヘッジホッグ)さんへ。女性店主さんの素敵なお店です。古本に加え、料理やデザインの本などの新刊書籍も。国内外の小説や絵本も色々。赤い糸でかがった値札もいいです。そして、ちょうど、店主さんのパートナーの画家・junaidaさんの展示もされていて。カラフルで精密で、でも柔かい、そして楽しい絵でした。1枚1枚の絵に動きがあり、見ているこちらの頭の中でストーリーが出来上がっていくような。原画で、絵の具の色合いも楽しめて、贅沢なひと時でした。来月4日から17日まで古本市をされるそう、これも行きたい。

画像クリックで拡大


外に出ると日も暮れて。ちょっと寒かったですが、このシーズン初めて長袖を着ていたので平気。いよっしょ、と京大前を通り、坂を登って善行堂へ。1ヶ月ぶりぐらいでした。本棚を見つつもアレコレお喋り。明日からの「郡上八幡 小さな青空古本市」にも出店されるそう。名代は、こないだの雨林舎さんでの古本市にもトップバッターで来てくださった、善行堂常連のKさん。秋は古本イベントも多くて良いです。読書の秋。棚を一渡り見て(一ヶ月ぶりだと本が変わっていて楽しい)、積まれている買取り本も漁らせてもらい、数冊と、山本さんの新刊を。サインをしてもらって「なんかオモロイ識語(メッセージ)をお願いします」と言うと、「オモロイことはムズカシイなぁ」と言われて、マジメな言葉を書いてくれました。いや、いいお言葉ですよ。。写真は、ガケ書房さんの子子子さん制作のハンコたち。細かい細工が素敵すぎます。他に店内で面白い偶然があったのですが、これは機会があれば後日。

こちらを辞して、ガケ書房さんへ。自称癒し系店長山下さん、名物店員ウメノさん、影の大番長堀口さんとザ・ガケトリオ(失敬)がレジに。アレコレお喋り。そして店内周遊。新刊も古本も雑貨も、どれも目を引くものがアレコレ。今度の店内イベント「ひさうちみちお×みうらじゅん「Hの學校 夜の保健室篇@ガケ書房」」がもっそい面白そう。というか間違いなく面白いはず。まだ空きがあるそう。仕事上がりのウメノさんとお店の向かいのラーメン屋「あかつき」へ。今度の古本イベント「一箱古本市inえいでんまつり」のことや(ウチもまた出店しまっす)、こないだの帰郷のことなど(ウメノさんとは同郷)を話しながらズルズル。

ウメノさんと別れ、坂を下り「ItalGabon(アイタルガボン)」さんへ。今度、「ブックトラベラー〇〇を追え」というイベントでご一緒するお店です。Tripel(トリペル)にも先日来てくださいました。町家を改装された(広い、素敵)カフェ。メニューが多くて、そしてお手頃で、居心地良くて。お酒をいただきながら、お互いのことや、お店のことから、地蔵盆とか、今度の区民体育祭のことまで色々話し込んでしまい、気付けば閉店時間が過ぎていました。時間を忘れて過ごせるお店です。

画像クリックで拡大

お二人にお見送りいただき、最後の「締め」にエレファント・ファクトリーさんへ。涼しくなった週末の木屋町は賑わってました。路地に入り、階段を上り、開け放たれたドアから店内へ。夜の常連さんテーブルへ招かれ、今日の常連さんは仏師さん、学生さん、美容師さんに某メーカーの方。毎度、面白いお客さんが多いです。煙管(煙草)・秘密結社・西院ミュージックフェスティバル・管楽器・鬼ごっこと閉店時間まで、話題もアレコレ。ここで夜遅くにコーヒーを飲んでも、眠気はちゃんと来ます。一日の締め括りにもお薦め。

一日走り回って、リフレッシュ完了。明日からまたボチボチと。


お知らせ:9月26日(日)、トリペルで「豆ランチパーティー」やります。まだ少し空きがあります。興味のある方はぜひぜひ。詳細はコチラ
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。