スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多謝、古本市in雨林舎さん

です。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

先週の土曜、日曜、雨林舎さんでのカライモブックスさんとの共同古本市、無事に行えました。ご来場いただいた方々、ご協力いただいた方々、ありがとうございました。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

結局、本の値付けは徹夜仕事になり、開場の頃はヘトヘトでした。が、やっぱりお客さんが来られると嬉しくなって楽しい時間を過ごすことができました。翌日の日曜、あっさり寝坊してしまいましたが(ジュンペイさんゴメンなさい)、林哲夫さん、ガケ書房の山下さん、ぱんとたまねぎの林舞さんはじめ多くの方々に来ていただき、これまた嬉しかったです。山下さん、差し入れビールありあとやした。昼ビールはうまかった。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

今回も終わってみて、古本市に行くのもいいけど、古本市をするのもいいなぁ、としみじみ実感しました。今回は量が多くて準備が大変でしたが(筋肉痛も2日ぐらい)、これからも機会があれば、どんどんやりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。10月、11月にも某古本イベントに参加予定ですので、お楽しみに。

今回旅立った本

『ブリキの太鼓』(ギュンター・グラス)『エムズワース卿受難録』(P・G・ウッドハウス)『裸のランチ 完全版』(W・バロウズ)『人形の家』(トーベ・ヤンソン)『ディアドレ』(J・ジェイコブズ)『タンホイザー』(グリム兄弟)『ラミニャの呪い』『ゾマーさんのこと』(P・ジュースキント)『ぼく自身あるいは困難な存在』(ジャン・コクトー)『王女マメーリア』(ロアルド・ダール)『砕かれた四月』(イスマイル・カダレ)『風狂王国』(アンドレ・マルロー)『空の青み』(G・バタイユ)『幽霊たち』(P・オースター)『ぬすまれた宝物』(W・スタイグ)『ハザール事典 女性版』(ミロラド・パヴィチ)『市場めぐり』『新年の贈り物』『ちょうちょうの舞踏会とバッタの宴会・くじゃく家の祝宴』

『伝馬町から今晩は』(山田風太郎)『詩集 荒地』(菱山修三)『紙絵と詩 智恵子抄』『書斎の死体』(田村隆一)『暗い青春・魔の退屈』(坂口安吾)『手紙読本』(江國滋編)『完璧な病室』(小川洋子)『奇妙な小説の味』(吉行淳之介編)『人間泉鏡花』(巌谷大四)『諫早菖蒲日記』(野呂邦暢)『狂人日記』(色川武大)『小さな生活』(津田晴美)『江戸アルキ帖』(杉浦日向子)『世界カタコト辞典』(開高健・小田実)『春の数え方』(日高敏隆)

『きようと No.17』『きようと No.48』『洛味 第三集』『文藝大學 創刊号』『苦楽 昭和23年3月号』『苦楽 昭和23年4月号』『文藝春秋 昭和25年新年特別号』

『海峡の女たち 関門港の沖仲士の社会史』(林えいだい)『暗号の天才』(R・W・クラーク)

『アメリカ乱入事始め』(山下洋輔)『大作曲家の少年時代』(ウルリッヒ・リューレ)『世界楽器入門』(郡司すみ)

『装丁物語』(和田誠)『The ART of Calligraphy』

『うどんすき物語』(亀井巌夫)『百魚歳時記』(岩満重孝)『妖怪学新考』(小松和彦)『拓本入門』(本山ちえ)『インタビュー術!』(永江朗)『小津安二郎を読む』『ユリイカ 宮崎駿の世界』

などなど、感謝です。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした&ありがとうございました

 9月に入ってからなので、もう少し暑さも収まっている、と考えておられたのではないでしょうか。
 猛烈に暑い中、大変でしたね。お疲れさまでした。

 何時も探している本を、安くお譲りいただき感謝しております。
 おかげさまで、(予定外も含めて)探書リストもかなり埋まってきました。

# しかし、縮むはずのリストが、何故か長くなる一方。

 まだまだ、暑いです(それでも、やっと残暑モード?)。体には気をつけて、良い本集めてください。

 カライモさんにもよろしくお伝えください。

# 暑さを吹き飛ばすために、下でカレーをいただいて帰りました。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
暑い中お越しいただき、お気に召していただけましたら幸いです。

探書リストの増減は古書好きの永久運動でしょうか。。

またお会いできるまでに、良い本仕入れておきます。

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。