スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都にも雪が

降りました。

昨日(12日)の2時ごろでしょうか、ふと、外が静だな、と思い窓を開けると雪が降ってました。結構大粒だったので、朝には積もってるかな、とワクワクしつつ就寝。朝起きて外を見るとそこは・・・とはいきませんでしたが、隣の家の屋根や、道を行く車の上にも雪が。

画像クリックで拡大

せっかく早起きしたので、しばらく行ってなかった京都洛北方面へ。鴨川の河原にも雪が。大文字山(五山送り火のひとつ)にも雪が積もり、「大」の字が白抜きで中々風情が。北白川のスーパー前の上海ラヂオさんを覗いて、次は何処に行こう、と迷っていると軽い吹雪が。

近くの竹岡書店さんに避難。こちらの絶版岩波文庫の品揃えは最高です、もちろん他の本も。北へ向かってガケ書房さんへ。前回と同じ轍を踏み、開店前。向かいの喫茶店に避難(軽い吹雪継続中)。おいしいコーヒーで一服して、ガケさんへ。こちらは新刊本屋さんなのですが、古本ブースもあり、個人の方や古書店の方が出店されています(古本ソムリエさんの善行堂や、砂の書さんやBOOKONNさんも)。色川武大さんに関する本、南陀楼綾繁さんの『山からお宝』を購入。後者は、気付いたら本の山ができていた・・・という方々の面白くも怖ろしいお話。

次も北上し文庫堂さんへ。G・オーウェルに関する本を。さらに北上し、萩書房さんへ。そして仕上げの恵文社一乗寺店。こちらはもう京都の観光スポットにもなってしまった本屋さんです。様々な角度でセレクトされた本が、キラキラと・・・飽きないですよ。

帰りにボウズカフェでいつもの野菜カレーを。常連のM君が来て、郷土・群馬の名物「焼きまんじゅう」を振舞ってくれました。しかも手作り。みそダレがモッチリしたマンジュウと合って中々オツなお味。またそのうち味わえるかな?

こんな三連休の最後でした。もうすぐ新規目録をUPいたします、乞うご期待です。

このブログも、単なる店主の「古書店めぐり」しか載ってないような・・・頑張って面白い本のレヴューなんかもそろそろ挑戦します(いつになるやら)。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。