スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スムースが来た日

です。

画像クリックで拡大

はんのき店番。『sumus 13 まるごと一冊 晶文社特集』が届いてました。昨年末、アンケートに答えさせていただき、ありがたく、林哲夫さんより一冊送っていただいたもの。封筒にも「sumus」の判が。

アンケートご依頼をいただいた時、あの『sumus』に自分の名前と文が載るなんて、と舞い上がり緊張し、またその時、仕事や予定が立て込んでいて、じっくり選べず、一冊だけしか挙げられなかったのが悔やまれたところでもあったのですが、実際届いてみると、なんのその。やっぱり載せていただけただけでも嬉しかったです。その後、砂の書さんにお邪魔したとき、店主の寺井さんに「アンケートどうでした?」と聞くと「やっぱり自分の年代もあってるし、たくさん書いたよ」と。たくさん書いてよかったんだ、とアンケート慣れしていない自分は悔やまれた・・・。

とまれ、読んでみると、山本善行さんの読書人(古書人)としての思い入れたっぷりな文章に始まり、創業者中村勝哉と小野二郎からの晶文社の成り立ち、晶文社に関わった方々の人間像、植草甚一さんや小林信彦さんら執筆者のエピソード、開店当初のはんのきに来てくださった聖智文庫さん、蟲文庫さんの古書店人の方々の読まれた本(たち)への思いの数々(砂の書さんのアンケートは章立ちしていた!内容もすごい!)、そして、多くの読書人の方々のアンケートで挙げられている様々な本。アンケートを見ていると、善行堂さんで知り合った田中さんが『ポケットの中のチャペック』にも言及されていて(しまった!挙げるのを忘れてた、と悔やんだ、自分の愛蔵書)たり、学生時代、お世話になった(?)『ベンヤミン著作集シリーズ』や、やっぱり本の本『古本屋月の輪書林』『石神井書林日録』も挙げられていて。

また、ページのアチコチに晶文社の新聞・雑誌新刊広告が挿入されていたり、今回初めて知った、晶文社の社員さん手作りの「晶文社SCRAP通信」がそのまま写真掲載されていたり(新刊書籍の紹介文やコラムが凄い、『ボマルツォのどんぐり』(扉野良人著)、『雑談王』(岡崎武志著)の新刊紹介も)。極めつけは、1973年5月の「晶文社図書目録」の全面掲載。うーん、知らない(まだ見たことない)本がたくさん・・・。いつ、これらの本と出逢えるか。まずは図書館か?

一回読んだだけでは、とてもおさまらない発見や驚き、喜び(と、一抹の哀しさ)に満ちた一冊でした。自分自身、読書家といえるものではなく、また、晶文社の本と共に年を重ねてきたとは言えず、思い入れも一部の本を除いて、そんなに無かったのですが、今回『sumus』を読んで、これまで以上に晶文社の本を意識しながら、本と関わっていこう(読んでいこう)、と思いました。ぜひぜひ、一家に一冊。


余談:ツイッターはじめました。1、2日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。
   http://twitter.com/koshodandelion
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。