スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積読(つんどく)の最下層

です。

画像クリックで拡大

大掃除をちょこちょこ始めています(11月末から)。いっぺんには出来ないので、あくまでちょこちょこ。スペースを作り、小さな本箱を2本導入。

今年積み上げていた、積読タワーを解体×3。読んでも減らぬ我が読欲ろくろく覚えちゃいないのに(字あまり)、などと思いながら、せっせと。ごめんね、と謝りながら。今年中には・・・読めんなぁ、と思いつつ、一番最下層にいた彼らは優先順位を上げました。どれもちびっとは読んでいるのですが。

『雲は天才である』(石川啄木、角川文庫、1969年)
『漱石全集 第26巻 日記及断片 下』(岩波書店、1957年)
『勇将ジェラールの回想』(コナン・ドイル、上野景福、創元推理文庫、1971年)
『易の世界』(加地伸行編、中公文庫、1994年)
『京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集』(ちくま文庫、1999年)
『文藝 [シンポジウム]琉球弧の喚起力と南島論 [小特集]ドゥルーズ/ライプニッツ』(河出書房新社、1989年)
『光の帝国/迷宮の革命 鏡の中のイタリア』(伊藤公雄、青弓社、1993年)
[発行年は初版の発行年]

うん、節操無し!どうやら、この積読は副読積読タワーでした。つまり、その都度読んでいた他の本(こっちが主体)のための参考本。「つまみ読み」の典型・・・。『勇将・・・』と『京極夏彦・・・』は娯楽本ですね。ともあれ、はやく大掃除を終えて読みにかかろう。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。