スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もの の つづき』

です。

画像クリックで拡大

凹凸舎」の大沼ショージさんという方が出された写真集。活版印刷において使われる、諸々の用具・道具を撮影されたもの。

金属活字の様々なフォント、それを組んで印刷するための様々なパーツ、その一つ一つをモノクロ写真におさめられているのですが、それぞれが独自に放つ不思議な存在感に見入ってしまいます。実際に使われていたものを撮影されていて、これはどのように使われる道具なのだろう、とか、これがどれだけの本を生み出してきたのか、とか色々考えながら見るのも楽しい写真集です。

巻末には、職人さんのポートレートもあり、これがまた、いい。また、装本にもこだわられていて、なんと本の「背」がありません。表紙・ページを糸でかがったあと、粘剤で固められています。この本を教えてくださったアトリエ箱庭さんによると、これはちゃんと分類すると「和本」の部類に入るのだそう。ぜひ実物を手にとってみてください。

詳細は、アトリエ箱庭さんまで
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。