スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰郷あそびある記・続初日

です。

夜に北九州の小倉駅に到着。平日なのに人は多く、自由席では広島でやっと座れました。で、小倉駅のすぐ北側、古書城田さんへ。猫のツキヨが扉の内側からじっと見ている。ドアを開けると、ピューっと逃げていきました。猫好きなのに嫌われ率高いんですよね。

倉敷(蟲文庫さん)の話をしたり、明日開かれるという、古書組合の特選市会の話を聞いたり。と、そこへ、メガネをかけた好青年が。名前は福田さん。本屋勤務のギタリスト。城田さんのウクレレをすぐに弾きこなし、ギターも聞かせてくれる。古本屋に流れる生ギター、最高です。

画像クリックで拡大

城田さんの閉店後、城田さんの車で3人で、門司のサッポロビール工場跡にできた「BRICK HALL」へ。もっそいオシャレなカフェレストラン。ライブもよく開かれるそうで、前方に大きなステージが。赤レンガの工場跡を生かした素敵なお店です。

小さい頃、よく夏の「サッポロビール祭」(今行きたい)に行っていた所とは思えない。製造の醗酵課程で出ると思われる、何ともいえない匂い(風向き次第で町のあちこちで匂った)を発していた所とは。色々飲み食いしながら(ピザ、パスタ美味い!)、談笑。福田さんは、あちこちでライブ活動もされているそう。「京都でやりましょう」と、(無責任に)言ったのですが、その内来てくれるかも。ぜひ、はんのきでやって欲しいなぁ。


家に帰って一息。今日はアチコチ行ったなぁ、と思いつつ、すぐに着睡。

まだ、つづく。

福田さんのホームページ「おひるねレコード」はコチラ。「myspace」で音源も聴けます。


新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。