スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰郷あそびある記・初日

です。

先日、お休みさせていただいた間、実家に帰ってました。福岡県北九州市門司へ。しかし、今回はまっすぐ帰らず、倉敷で途中下車しました。なぜなら、蟲文庫さんに行きたかったから。

画像クリックで拡大

この先週に、京都からの帰りに蟲文庫さんに立ち寄られた古書城田さんから教えてもらっていた、倉敷駅側のレンタサイクル屋で速度切替のないチャリンコを借り(これは地味にハード、しかも、何故かベルが逆についてる)、まずは「長山書店」さんへ。

写真は入口なんですが、これ、ビルなんですね。しかもめっちゃ広い。本、めっちゃ多い。ジャンルも幅広く、雑誌のバックナンバー、図録なども豊富。1階と2階が販売のスペースなのですが、見て周るのにどれだけかかったか。しかもあれこれ目移りして。理性が止めなかったら、旅費をも費やしてしまいそうでした。

このあと、もう一つの大型書店「万歩書店 倉敷店」にも行き、やっぱり多くの本を見てフラフラに。やー、のっけから、倉敷凄い。

画像クリックで拡大

そして、蟲文庫さんへ。古い日本家屋の佇まい。この通りは皆、同様の古い建物の通りなのですが、やっぱり古本屋はぴったりです。二階の大きい虫籠窓(むしこまど)が素敵。

店内に入ると、古いミシンを台にした上に植物関係の本が。面白い本ばかり。古い天球儀も。そして、本はもちろん、他にも鉱石、化石、CDに竹ペンと楽しい店内。原民喜の文章を収録して蟲文庫さんから発行された本も(これは買っとけば良かった、また次回・・・)。

蟲文庫の店主・田中美穂さんに、おそるおそる自己紹介をさせてもらうと、林さんのブログで「はんのき」のことを知っててくださいました。城田さんからも聞いててくださったそうで、城田さんのプチ騒動も教えてくれました(面白いので、お店でご本人に聞いてみてください)。

小型ちゃぶ台で、お気に入りだという「天文台もなか」(美味い!)とコーヒーをいただきながら、あれこれお話を。大先輩から色々お話を伺えて楽しかったです。

帳場の横には、ご友人から預かっているという猫(美人!)が。アンコ好きだそうで、さっきまで相手にしてくれなかったのに、袋を空けるや飛びかかってきたり。田中さんの本『苔とあるく』(WAVE出版)に登場した顕微鏡があったり。

田中さんは自然体な方で、お店の雰囲気も相まって、ものすごく落ち着きました。木造建築はやっぱりいいです。ぜひぜひ倉敷へ。

この後、田中さんに教えていただいた「倉敷つららら」でご飯を。元米倉という大きなお店で、地鶏のスパイシーカレーと「吉備の烏」という地ビールの黒ビールを。一杯呑むと、休みだなぁ、ということの実感が湧いてきました(止まらなくなりそうなので、二杯目は我慢・・・これも次回)。

画像クリックで拡大

秋晴れのもと、美観地区の川沿いをチャリンコでフラフラと、これまた気持ちよかったです。

そして、北九州への帰路へ。つづく。


新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。


頂いたコメント

ご無沙汰しています、以前お店に伺わせていただきました、岐阜の廣瀬です。
来月初めの飛び石連休を使い、倉敷・岡山へ古本旅行にいく予定です。
蟲文庫さんと万歩書店は予定していたのですが、こちらの記事を読み、長山書店もルートに組み入れなきゃ、と思っています。(頭も目もぐったりしそうですね…!)
その後お店はいかがですか?冬場の町家は寒そうなイメージがありますが…寒くなってきた今日この頃、いかがですか?
古本のこと、お店のこと、まだまだいろいろとお伺いしたいです。
知恩寺の古本まつりには初日に行く予定です。そちらでもお会いできるといいですね。
徒然舎 廣瀬 | 2009-10-24 22:30:54

こちらこそ、ご無沙汰しております。その節は、遠い所からお越しいただき、ありがとうございました。

万歩書店は、蟲文庫さん曰く、「岡山本店の方がいいですよ」とのこと。長山さんはお薦めです。楽しく疲れますよ(笑)

寒さ対策は、石油ストーブ導入と、各自保温装備(湯たんぽ、腹巻、猿股、カイロとか)というところです。町家の冬は未知数なので、どうなるやらです。

知恩寺に来られるのですか!ぜひぜひ、会場でお会いしましょー!
店主 | 2009-10-25 00:26:39
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。