スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンデライオンあれこれ

です。

「古書ダンデライオン」を立ち上げてから、様々な方々と出会い、色々なご意見をいただきました。

ホームページ・営業形態に関して、未熟さを自覚しつつも、やはり「ホームページのデザインがなぁ・・・」「車買えよ」「もっと良い本は?」などなど、厳しくも温かいご忠告・ご指南をいただきつつ、前傾姿勢で、日々、邁進しております。

中でも、一番ツッコミをいただくのが、店名。
「ダンデライオン?ふーん」と、その後に続くお言葉が「松任谷由実の?」というケースの微妙な多さ。店主は少し世代がずれているのですが、有名な曲なんですね。店主はブランキー・ジェット・シティの「ダンデライオン」で初めてこの単語を意識しはじめたのです。辞書で調べると、danは「歯」の意味で、葉っぱが「ライオンの歯」の様だから、というのが語源で、当時は、ただ単純に「イカス」と思っていただけなんですが。一番面白かったのが知人の「そんなライオンがいたんや?」という一言。ありがとうございます。

画像クリックで拡大

少し前ですが、祖母が手紙を送ってくれました。中に入っていたのが、写真の絵葉書。絵描きの祖母が昔描いたもので、自分もよく覚えていたものでした。それまで、淡い華やかな花の絵を描いていた祖母のイメージと少し違ったものだな、と当時は思ったのですが、今、改めて見ると、良いな、と感じます。祖母の作品は右のリンクの「HOTに生きよう」の「アトリエ和」でご覧いただけます。このホームページは祖父が定年退職してから、初めてパソコンに触れながらも作成したものです。

「ダンデライオン」という店名の理由はこのブログの一番初めに書いたのですが、その初心を忘れず、どしどしと良い古本を提供させていただきたいと思っています。

来年は、また新しい形での古書販売も企画中ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

お知らせ:12月の19日から27日まで、ご注文・買取りご依頼の受付・対応は休止させていただきます。28日より通常業務を再開いたします。


頂いたコメント

昔のばあちゃんの絵は凄いよ!
エネルギーみたいなのがあって刺激を受けます。
yuji | 2008-12-18 23:08:13
年を取ってから、初めて感じるものもあるよね。後はそれを形にするだけ!?
店主 | 2008-12-20 01:18:35
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。