スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利き酒会という名の

です。

画像クリックで拡大

先日お店に来ていただいたANEWAL Galleryさんに「色々な県の日本酒が集まって、利き酒会をやるので、よかったらどうぞ」と誘っていただいたので、昨日、厚かましくも、足取り軽く(?)お邪魔させていただきました。

場所は「はんのき」からすぐ近く。当時は学生だったデザイナーの飯高さんが自身で改修設計、3年かけて知人の方々と改修されたとのこと。仕切りの襖が取り払われて、なんとも贅沢な畳の広間に。そして兎が気持ちよさそうに、ぴこぴこと。

楽町楽家」や「都ライト」などのイベントを学生さんを中心に主体的にされていて、この日も、それらのイベントに関わってこられた学生さんや元学生さんが来られてました。

この日のために買われたというタコ焼き機で作ったタコ焼や、おいしいおつまみをいただきながら、山口・岡山・高知・京都の日本酒を次々と。学生さんが蔵まで行って買われたという山口の「獺祭」は秀逸でした。そしてその学生さんのサプライズ誕生日祝いも。賑やかに町家でお酒をいただいて、人の集まる町家の楽しさを改めて知りました。

最後に、ガケ書房さんで出品していた明治・大正・昭和初期の楽譜を見てもらったのですが、皆さん、デザイン関係の方なので、表紙を見る目が変わって、こちらも嬉しくなりました。

家も本も、古いものの魅力があって、また、年齢に関係なく、それを共有できる。そういった風に色々な人と関われたら、と思いました。ま、できることからコツコツと。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。