スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸・再び

です。

神戸・三宮で開かれている「さんちか古書大即売会」に行くという名目で、しかしやはり本命は、前回、お休みで行けなかった「口笛文庫」さん。

今回はばっちり開店中。わくわくしながら入ると、目の前に本の山。比喩ではなく、本当に本の山があちこちに。壁にはぐるりと本棚。それが二部屋も。ジャンルも絵本に料理、女性誌、音楽、映画、文学、哲学と幅広く、文庫本・新書に加えて、黒っぽい本に紙モノもどっさり。

山に取り付き、本棚に張り付き、あれやこれやと見て、気付いたら1時間以上も居ました。個人的に欲しいものがあれこれ、絞りに絞っても色々買ってしまいました。個人的に集めている青山二郎の装本もゲットでき大満足でした。なんだか本の量と質に圧倒されて、挨拶も碌にできませんでした・・・後になって、色々とお話を伺っていれば、と思うんですね、コレ。しかし、神戸にお越しの際はぜひぜひ。古本屋で探す喜びと見つける喜びを味わえます。

画像クリックで拡大

続いて三宮へ。ちょっと迷いながらも会場のさんちかホールへ。初めてこの古書市に来たのですが、一段低いホールに本と人が吹きだまって、いや集まって、上から見ると壮観。平日にも関わらず沢山のお客さんが。並んでいる本や紙モノも面白かったです。明治時代の号外とか、最近は紙モノにも魅かれます。

ここから大阪へ引き返し、ベルリンブックスさんへ行き、開店のご挨拶を。不思議と落ち着くお店です、古本だけでなく、セレクトされた新刊本も要チェックです。夜になり、お腹も空いたので、本と一緒に京阪電車に揺られ帰京。今日の電車袖珍本は小路幸也の『マイ・ブルー・ヘブン』。うっかりすると涙ぐんで、向いに座った人に不審がられます(阪神電車内にて)。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。