スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかばあ

です。

画像クリックで拡大

昨日のこと。「はんのき」の店番中、「おや、今日は木曜。そういえば「おかばあ」なるBARが開かれている日では?」と思い、カライモブックスさんへ電話。カライモさんのブログにいつしか「おかばあのぶろぐ」なるもののリンクが増えていて、気になっていたのです。営業時間をお聞きし、行く気満々に。

と、この日、岐阜で「徒然舎」さんというオンライン古書店をされている女性がお越しくださいました。レンタサイクルで「善行堂」から「はんのき」へ一直線に。ブログもご覧になってくださってたそうで、感激でした。彼方此方のの一箱古本市にも参加されているそうです。うちもそろそろ参加したいなぁ。

色々お話を伺っていると、近所に住む、「はんのき」成立の影の立役者・M君がワインを持って来店。何と、グラン・クリュクラスのワイン!ハーフボトルでしたが、お値段を聞いてビツクリ。徒然舎さんと少しずつ戴き、良い気持ちに。徒然舎さんは再び自転車でカライモさんへ。ありがとうございました。

夕方、何と、「おかばあ」のスタッフのTさんが来て下さる。何たる偶然。これはもう行かにゃあ、と、閉店後に早速。そしてまたまた何と、店長のおかさんは以前、ウチ(古書ダンデライオン)に買取依頼を下さって、出張買取させていただいた方だったのです。いやいや、今日は何か驚きの多い日。

「おかばあ」のあるザ・パレスサイドホテルの1階で作品を展示されているいちかわともこさんや、「全ての人に安全な駅ホーム設置を進める会」の方々、カライモブックスさんご夫妻(!、常連さんなのだとか)、詩人の方に、「きよみロマンス」をされている方、「おかばあ」を手伝われている女性のおかさん、「はんのき」に以前来てくださった方、などなど沢山の面白い人たちと楽しくお酒(奄美のラム酒(!)・ルリカケス、美味しい!)を呑めました。

気付けば、開店から閉店まで。「はんのきブログ」、更新できず、すみませんでした。しかし、お値段もお手ごろで、気付けば毎週通っていた、なんてことになりそうな楽しい所でした。ぜひぜひ。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。