スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきました「善行堂」

です。

この日は、朝早くに起きて、神戸の古本屋巡りをしようと思っていたのですが、あっさり寝坊。気を取り直して、そうだ、山本善行さんの「善行堂」へ行こう、と。自転車でキコキコと。

善行堂に辿りつくまで、「今村書店」「善書堂」「冨山房書店」「吉岡書店」「朋友書店」と立ち寄りました。最後の「朋友書店」は新刊書店です、中国書・中国関係書籍の専門店で、なんと店頭販売が10%オフという書店。中国関係の書籍や中国語の原書などお探しの方はお薦めです。

ともあれ、「善行堂」に到着。お店の面もすっきりお洒落な、縦長のお店、中もお洒落です。棚には文学系の古書がずらり。さすがの品揃えで、あれもこれも欲しくなります。山本さんも参加されていた「sumus」のバックナンバーもあったり。

画像クリックで拡大

アレコレ買いましたが、一番嬉しかったのは、写真の『ホフマン物語』(E・T・A・ホフマン、新潮文庫リクエスト復刊版)。探していて中々見つからなかったのがアッサリと。山本さんが、今まで買い集めた古書たちがまだまだ控えているようで、ちょこちょこチェックしに来よう、と思いました。そして色々お話しを。「下鴨古本祭りの時にはいっぱい人が来るから、しっかり本を集めときや」とも。はい、頑張ります。

この後、ガケ書房さんにも立ち寄り、店主の山下さんにご挨拶を、と思いましたが、休憩で外出されていてお会いできず。でも、スタッフの「うめこ」さんとお会いできました。なんとこの方、福岡県北九州市のご出身。店主と「はんのき」メンバーの石田君も北九州出身。北九州の古書店、古書城田さんを通じて、ウチのことをご存知でした。地元の人と会えるのは何とはなしに嬉しいモンですね。福岡の出版社の本と出逢った時にも嬉しくなります。それはちょっとチガウでしょうか・・・
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。