スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOUZcafe(ボウズカフェ)に「古本屋アボカ堂」さんが

仲間入りしました。

画像クリックで拡大

「BOUZcafe(ボウズカフェ)」さんを通じて、「アボカ堂」のご店主・古田さんと知り合いました。現在はフリーライターをされているのですが、いずれは古本屋をやりたかった、ということで、同じ棚での出店と相成りました。この棚では、ボウズカフェのご店主さんの娘さんの手作りアクセサリーも販売されています。芸大に通われているということで、センスの光るアクセを廉価で。実は、この棚で一番売れているのは・・・

画像クリックで拡大

アボカ堂さんが、今並べていらっしゃる本は、女性作家の本、セクシュアリティーやジェンダーに関する本、ロシア料理の本など。吉屋信子さんの単行本『あの道この道』(装幀・装画:須藤しげる、国書刊行会)など装幀の綺麗な本もあります。また違う分野の本が並び、面白くなっています。ぜひぜひボウズカフェへお越しください。

アボカ堂のご店主・古田さんは数人でフリーペーパー『中央工場』を作っています。ボウズカフェの店主さんのマンガ紹介や、様々な職業の人の寄稿文など、読み応えのあるものです。発行は不定期ですが、次号(?)、古書ダンデライオン店主も寄稿させてもらいます。『中央工場』はボウズカフェ、恵文社一乗寺店、ガケ書房、月と六ペンスに置いてあります。

画像クリックで拡大

3枚目の写真は、少し前、ボウズカフェからの帰りに通った平安女学院のイルミネーション。同志社大学もそうですが、キリスト教系の学校は、この時期キレイですね。ボウズカフェでは来る24日に「クリスマス難民パーティ」を開催されるそうです。クリスマスが暇だ!やってられるか!みんなで楽しむぞ!という方集合!です(笑)。詳細はボウズカフェでお尋ねください。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。