スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨中訪阪

です。

昨日は16時起き(!)というダメっぷりでしたが、今日は健康的に8時起き。朝ごはん食べながら、寝ぼけた頭の中で、今日の動きをシミュレート。出発。

開店直後の三月書房さんで、『名著再会「絵のある」岩波文庫への招待』(坂崎重盛、芸術新聞社、2011年)を求めて、少し宍戸さんとお喋り。三条から京阪電車で大阪へ。車中、早速読む。発売直後に、三月書房さんで少し立ち読みをして、その時はお金が無くて買えず、そのままになっていたのですが、読み始めて、もっと早く買っとけばよかったと、後悔。面白いんです。ここで紹介されている岩浪文庫をすぐに読みたくなる。意外と名作系、読んでないのが多いんです。絵も、その画家など、今まであまり注目してなかったし。あと、『sumus』の「まるごと一冊中公文庫」にも、坂崎さんが寄稿されていたというのにも驚き、そういえば・・・、と。

半分ほど読み終えたところで淀屋橋到着。雨はまだ。てくてく歩いてジュンク堂大阪本店へ。実はここは初めて。中をうろうろして、会場へ。割と空いてるか、と善行堂常連のTさんを発見。お隣に座らせていただく。後から、アース・インテグレートの川口さんも来られた。川口さんが定期的に流してくださるML「関西業界トピックス」は、いつも情報盛り沢山でありがたいもの。

時間になり、坂崎さん、林さん入場。お二人とも帽子を被られて。これはもちろん狙ったものでした。坂崎さんの来歴、林さんとの出会いから、今回の『絵のある~』についての話、帽子・ステッキ・瓢箪蒐集のきっかけ、坂崎さんのサバサバとしていながらもユーモアのある受け答えと、林さんの的確かつ面白い質問とツッコミ。坂崎さんは、トークショーが嫌いなのだそうですが、聞いている方は面白くて、あっちゅう間の2時間でした。「粋」という言葉が浮かんだのですが、もっとお話が聞きたかった。次回チャンスはあるか。取りあえずは、坂崎さんの著作を読もう。

トーク終了後、サイン会。目の前に立つと、何かオーラが感じられて緊張してしまいました。「夢に咲く 色なき花か ミツマタは」の句入りの署名をしていただき、『蒐集する猿』(発行:同朋舎、発売:角川書店、2000年)の中の「お酒の仕込み杖」を教えていただいたところで大満足。こちらにも署名していただくのを忘れてしまいました。

興奮の余韻を感じつつ、階下の喫茶店でTさんと珈琲を飲んで一服。そのまま一緒に天神橋方面へ行き、古本屋めぐりを。伏見屋書林さん→エンゼル書房さん→天牛書店さん→矢野書房さん→ジグソーハウスさんと。久々の天神橋筋でしたが、興奮も手伝ってか、楽しい買物(ほとんど個人的な本ばかり)ができました。天牛書店さんでは、はんのき、トリペルによく来てくれる、立命館生のMくんがバイト中でした。いつもと違う感覚にお互い戸惑いつつ。彼は高校生の時からこちらでバイトをしていたというツワモノ。次回のトリペル古本フェスにも出店予定。また、矢野書店さんで、出たばかりの合同目録「善本古書 近代資料を主とする 第15号」をいただく。帰りの電車でみたのですが、涎の出るような本がズラリ。勉強になります。

Tさんと南森町で別れて、南下。開いてるかな?とFOLKさんへ。3月末に金沢のあうん堂さんに行ったとき、そのほんの1週間ほど前に来られた、と聞いて、気になっていたのです。すごく明るくて、爽やかな店内。面出しが多く、見やすくて、分かり易い。こちらでは『日本人の帽子』(樋口覚、講談社、2000年)を。先のトークショーで帽子のことが話題に上っていたので。店主の吉村さんともご挨拶を。年齢も同じぐらいで、楽しくお話できました。同年代の同業の方と知り合うのは嬉しいです。

日も暮れて、雨脚も強まる中、本の入ったバッグを濡らさないよう気を付けつつ、最後に、と花月書房さんへ。しかし、この日は定休日でした。残念。前も定休日に来てしまってたのに。迂闊。しかし、今日は、久々に良い古本休日でした。今週は出稼ぎ(非古本関係)も控えてますが、気合が再充填。ゆっくり読書できる水曜日の、はんのき店番が待ち遠しい。違うか。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。