スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〇〇をこめてふりかえれ 11月4日・7日 高松行・芦屋のちいさな古本市

です。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大


4日、朝7時、明石大橋。いつもお世話になっている骨董屋さんが、高松の骨董祭に出られるということでh搬入のお手伝い。京都は5時に出発。朝3時起床。眠かったですが、半分遠足気分でもありました。久々の四国。会場につき、搬入、展開したところでお暇。会場からすぐの高速バス乗り場から神戸・三ノ宮へ。

約2時間ちょい後、三ノ宮到着。電車に乗り換え芦屋へ。古本市の会場の芦屋市立美術博物館へ徒歩で。この日は天気も良く、長いこと歩いて暑いくらいでした。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

建物(裏側だった)と隣の谷崎潤一郎記念館

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

中へ入ると、ホールでは着々と準備をされていて。ロードス書房さん、街の草さん、トンカ書店さんにご挨拶をして、早速自分のところの準備を。前々日徹夜して値付けして前日送った本、7箱分。これだけ送って広げられるか、と思っていたのですが、何とかかんとか全部展開終了。ざっと2時間はかかった(喋りながらとかだけど)。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

こんな感じです。店名看板はエイデンの時のものを流用。ありがとう林(舞)画伯。展開中、きりりん堂さん(ご家族で)、固有の鼻歌さん、古書とみたかさんなども準備にお見えになられて。ひと段落ついて、会場内の本を見て周りました。放浪書房さんとはじめましてを。古本を全国各地で旅しながら販売されてる方、12月には京都に来られるそう。おもしろい。

会場を一回りするだけで、欲しい本が4,50冊はありました。皆さん、いい本出されてました。あぁ、買いたかった。この会期中に古本市に来れないので、名残り惜しみつつ会場を後に。あぁ買いたかった。アレとかアレとか・・・。

7日

画像クリックで拡大

高松駅地下のレンタサイクルで自転車を借りて(100円!)、地上に出るところ。階段よこに、自転車ベルトコンベアーが付いてました。凄い、楽ちん!神戸・三ノ宮に午前9時着、そこから高速バスで高松へ。骨董祭の搬出のお手伝いで再び高松。

搬出の時間まで、高松市内の古本屋さんを巡ろうと目論んだのです、はい。まずは駅から一番近いリバー書房さんへ。2月に来たときは臨時休業されてた。そして、今回は・・・

画像クリックで拡大

はい、今回もお休みでした(涙)。なんとまあ、しかし仕方ない。お昼時だし、まずは腹ごしらえか、と思い市役所近くのうどん屋さんへ。うまかった・・・。気を取り直して、讃洲堂書店さんへ。

画像クリックで拡大

やっぱり今回も満足。ええ本あります。お店のすぐ前を走る琴電の音を聞きながら、広い店内で色んな本をとっくりと。元気も出てきて次へ。不二書房さん、開いてない・・・。定休日でした、アウチ。ぷくぷく書店さん、ゲームとコミックが、子供だらけでした、アウチ。時間が来たので、骨董祭会場へ。搬出後、和箪笥を買われた愛媛のお客様の所へ配達。そこから帰京。疲れたけど楽しかった、四国、また行こう。

3日後、古本市の本が帰ってきました。初日が平日にもかかわらず一番売り上げがいいのは、古本好きの皆さん、流石。この古本市も盛況だったそうです。次回は会場に居たいなぁ。

今回旅立った本

『ワインズバーグ・オハイオ』(アンダソン)『カフカ論集』『ヒューマン・コメディ』(W・サローヤン)『そうはいっても飛ぶのはやさしい』(エリカ・ジョング)『地図にない町』(フィリップ・K・ディック)『シャーロック・ホームズのライヴァルたち2』『新編世界むかし話集9 アフリカ編』『妖精メリュジーヌ伝説』『引き裂かれた空』(クリスタ・ヴォルフ)『アイリッシュ短編集2』『アイルランド民話集 魔法のかかったプディング』『モンスター事典』(S・ジャクソン)『アー・キン』(S・モーム)『一万一千本の鞭』(ギョーム・アポリネール)『LEAR’S BOOK OF NONSENSE』(エドワード・リア)

『大将とわたし』(佐木隆三)『中原中也詩集』『タルホ座流星群』(稲垣足穂)『佐幕派史談』(長谷川伸)『スタ・メンはおれだ』(山際淳司選)『ちくま日本文学全集 尾崎翠』『贋作我輩は猫である』『頬白先生』(共に内田百)『太宰治論』(奥野健男)『夢は枯野を』(立原正秋)『鶴』(長谷川四郎)『とむらい師たち』(野坂昭如)『父・萩原朔太郎』(萩原葉子)『アイヌ童話集』(金田一京助)『文豪ミステリー傑作選』『われら青春の途上にて』『青丘の宿』(共に李恢成)『新小説 昭和22年新春号』『新小説 昭和22年5月号』『新生 昭和22年1月号』

『アイデア別冊 タイポグラフィトゥデイ』『イタリア古版画展』『白昼に神を視る』(長谷川潔)『モデュロール1,2』(ル・コルビジェ)

『世界の書物』(紀田順一郎)『西洋語源物語』(渡辺紳一郎)『征空一萬三千粁』(熊川良太郎)『戦前花柳界スクラップ』『おばけ煙突』(つげ義春)『改稿虹の階梯』『黒竜江への旅』(高野悦子)『クリスマス小事典』『一枚の写真Ⅱ』『大阪ろまん』(石濱恒夫)『ベティ・ブープ伝』(筒井康隆)『奇人怪人物語』(黒沼健)

今回の〇〇は色んなもので。「眠気」とかも入ってます。とまれ、古本市主催者・関係者の皆様、お客様、色んな方々、ありがとうございました。プレイバックはこの辺で。またぼつぼつ書いていきます。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

〇〇をこめてふりかえれ 11月2日 自転車泥棒

です。

画像クリックで拡大

前日、トリペルの店番終わりで、はんのきに寄って、エイデンの古本まつりに出していた本を自転車に載せて帰りました。時間は午前2時ごろ。家に帰る途中で、自転車の後輪がパンクしていることに気付く。連日のアレコレでちょっと疲れもあったのと、夕方から出稼ぎの仕事が入ったので、翌日は、はんのきをお休みさせていただいて、昼まで寝ました。起きてから、ちょっと腹ごしらえして、自転車のパンク直したり、あれしてこれして、と考えながら、外に出たところ、んん、無い!自転車が無い。

マンションの清掃の人が、時たま自転車の整理もするので、他の場所に移されたかな?と思いながら、あちこち見るも、やはり無い。部屋を出るときに気付いたのですが、自転車の鍵が無かったので、よくよく考えたら、鍵を付けっ放しにしてたかなぁ、と思ったのですが、まさか一晩で盗まれるとは・・・・・。

しばらく脱力し、部屋に戻って横になる。20分ほど。今まで活躍した愛車の思い出が、頭の中で浮かんでくる。色んな人を後に乗せたり(最後に乗せたのは荻原魚雷さんだった、酔っててフラフラしたので数メートルだけでしたが)、何百、何千冊もの本を運んだチャリンコ。

いつまでも横になっていても仕方ないので、警察に電話。私「チャリンコ盗まれたんですが、盗難届けとかどうやって出したらいいですか?」警「近所の交番に行ってください。あ、防犯登録の番号を確認できるもの、保証書とか持って行ってください」私「もうだいぶ昔に買ったんで、防犯登録の番号(保証書どこにあるか)分かんないです。分かんないとダメですよね?見つけよう無いですよね?」警「無いですね。」。

以上のような遣り取りの後、またぐったりして横になり、もう盗難届けはいいか、と思い、あれこれを済ましに行く。その途中、マップデザイン研究所のサイトーさんに出逢う。自転車を盗まれた旨伝えて、慰めてもらう。用を済ませて、「月と六ペンス」さんへ。自転車のことを話す。話したのと、パンと珈琲で少し気が落ち着く。ともあれ、自転車を買わなければ、と思い、近場の自転車屋さんへ。1軒目は気に入ったのが見つからず、ちょっと離れた店へ。途中の「mocomococafe」へ。クロノさんにも自転車の話を。人に話せば話すほど、少しずつ楽になる(気がする)。励ましてもらい、再出発。自転車屋に到着、なんと「一時外出」の張り紙をしていて閉まっている。10分待つも戻ってこず、諦めて帰宅。

いつもは自転車で通る道を徒歩で行くと、新鮮な気はするものの、やはり悲しい。プラスチャリンコ窃盗犯に対する怒りが沸々と。さらに自分への怒りも・・・。家に着き、この後の仕事先の人へ電話。車で自転車屋へ連れて行ってもらうことになる。ありがたや。まぬけー、と笑われましたが。

その後、ふと思いついて、昔の「大事なもの」ファイルを繰ると、保証書発見!買ったのは2002年でした。京都に来て2代目。仕事先へ歩いて行く途中の交番で盗難届けを。その時の一コマ、警「時価って幾らぐらいですか?中古としての大体の値段」私「うーん?どうでしょう。3段変速はついてたから、8千円ぐらいですかね」警「3段変速、それじゃ8千円ぐらいかな。そうしときましょう」。そんなもんか。

お店に着いて、ご主人に車で、大きな自転車専門店に連れて行ってもらい、無事購入。新車はまた3段変速のママチャリ。痛い出費なのは確か。でも、やっぱりこれがないと不便。ご主人に「新車ええなあ、中村君。みんなにゆうとくわ、中村が新車買うたって」と言われるが、新車購入祝い(慰め)として、ラーメンを奢ってもらう。

その後、深夜まで仕事。新車で家に帰る。ニクイほど乗り心地は良い。さすが新車。こんどは鍵をかけ忘れないよう気を付けます。皆様もお気を付けてください。

今回の〇〇は、「怒り」。チャリンコ窃盗犯へのと、まぬけな自分への。遣る方ない怒りは久々。しばらくは思い出しては「あぁ」とか「うおぉ」とか変な声が出たものでした。お粗末。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

〇〇をこめてふりかえれ 11月1日 ブックトラベラー終了

です。

画像クリックで拡大

10月の間、私が参加している古本・マンガカフェ・トリペルを含め、上京区の5つのブックカフェの合同イベントとして、「ブックトラベラー〇〇を追え!!」というのをやっていました。

企画は、京都のうまいもの、面白いことを発信し続けている京都SWITCHさん、素敵な町家のブックカフェCafe1001さん、同志社大学広告研究会の方々(一人、エイデンの古本まつりにも来てくれた)。参加店は、ウチのほか、上記のCafe1001さん、こちらも町家のブックカフェ・ことばのはおとさん、こちらも町家のブックカフェ・ItalGabon(アイタルガボン)さん、レゲエなブックカフェ・カフェマーサさんの計5店舗。

この5店舗を回って、全店の「コード」を手に入れて、チョメチョメしてアレして答え(〇〇の中身)を出して、それを京都SWITCHさんに伝えると、先着10名様に図書カードを差し上げる、というものでした。さらに期間中、各店、スペシャルメニューを1つやる、ということで、トリペルでは「さつまいもタルト」を作り、提供させてもらいました(中々好評でした)。

京都SWITCHのムトーさんも初めての試みで、どれぐらいお客さんが来られるか分からなかったのですが、10月になるやいなや、ブックトラベラーと化した方々が続々と。同志社大学広告研究会の方々が作ってくださった、イベントフライヤー兼ブックカバー(超素敵、残部僅少)の御蔭でもあるでしょう。

まだ出来たてのトリペルに、多くの方々に来ていただき、また、他のお店の方々とも、このイベントを通じて知り合いになれて良かったです。また、期間中、参加各店舗からユーストリームの中継をする、というのもあり、これまた楽しかったです。

イベントは終了しましたが、京都SWITCHのムトーさんが、イベントのを記録をのこしてくれているので、よろしければコチラでご覧になってください。

ちなみに、明日は、このイベントの打ち上げ。見事、5店舗を周り、謎を解いたブックトラベラーの方々も一緒に。あぁ、楽しみ。

今回の〇〇もまた、「感謝」です。ムトーさん、参加各店の皆様、来てくださったお客様方、ありがとうございました。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

〇〇をこめてふりかえれ 10月31日 京都建築専門学校・建工祭

です。

ちょっと2日酔いで目覚めた朝。台風一過ですが、ちょっと曇り気味。はんのきの店番に向かう途中に、京都建築専門学校よしやまち町家校舎へ。この日と前日は「建工祭」という学祭をされていて、はんのきの改装に来てくれていた子が誘ってくれていたのです。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大


この日は、餅つきをされてました。右の写真は、お世話になった佐野先生。しっかり腰が入っていて、ベテランの風格。

画像クリックで拡大

そして搗きたてのお餅を、大根おろしと納豆と海苔で。味をしめて2個3個と。きな粉でも。美味しすぎる。よしやまちの吉田さんもお元気で。吉田さんは、お仕事の方はもちろん、京都銭湯部でも大活躍しておられます。また、去年の2年生は卒業していなかったものの、昨年手伝ってくれた1年生の学生さんも皆逞しくなっていて。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

その内の一人、「棟梁」という綽名(名実ともにの腕前)を持つ多田くんが、堀川の遊歩道に建てた東屋に連れて行ってくれました。この日の前日に、ここで点茶のイベントをしたそうで(京都建築専門学校には茶道部がある)、この日も、点茶セットを持って来てくれて、一服点ててくれました。川のせせらぎを聞きながらの一服、たまらないひと時でした。

彼も今年卒業(本人曰く予定?)ですが、また学校(研究室)に残って腕を奮うそう。昔ながらの「でえく」さんそのままの気風の良い性格で、この東屋も、彼の指揮のもと建てたそう。実際に入って見るにつけ、物を創るということに対する尊敬の気持ちが湧いてきます。うちも棚作りを頑張らにゃあ、と気合が入りました。この東屋は、もうこの日に解体。また来年登場するかも。帰りにお土産にお餅を貰い、はんのきへ。また来年の建工祭も行こうかなぁ。

今回の〇〇もまた「感謝」で。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

〇〇をこめてふりかえれ 10月30日 一箱古本市inえいでんまつり

です。

しばらくブログをお休みしてました(いつもか?)、すみません。忙しい間はバタバタと、ちょっと落ち着いたらひたすら寝てました(この季節は異様に眠くなる)。色々あったので、ちょっとずつプレイバックを。

去る10月30日、台風が近畿へ最接近、朝からシトシトと雨が。風も少し。しかし思ったほどの悪天候でもないので、会場まで自転車で行くことを、朝6時に決定。タクシー代ケチって、打ち上げの呑み代に回したとか何とかいう訳ではあったりなかったり。

画像クリックで拡大

はい、雨天仕様、がっつり積んで、キコキコと修学院まで。さすがに登りの道で、4、50分ぐらいかかりましたが、何とか到着。門の前には、早くもお客さんの列が。会場前で荻原魚雷さんと出会いました。今回は京都(一箱古本市)→福岡(ブックオカ)→京都(知恩寺古本まつり)→東京帰還というコースだそう、相変わらずフットワークが凄い!今回の「文壇高円寺」も楽しみ。

画像クリックで拡大   画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

古本市会場は、エイデンの車庫の中&電車の中。この電車の下は、人が整備のために入れるようになっていました。私の場所は電車の外。他の参加者の方々も続々到着、砂の書さん、林哲夫さん、扉野良人さん、100000tさん、エンゲルス・ガールさん、古書・思いの外さんなどなど。今回は一般の方々も参加されていて、皆さん思い思いのディスプレイを。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

うちも準備を、ということで、お馴染み、はんのきの均一籠に本を入れ、この日、「ちせ」さんの出店を手伝いに来ていた、ぱんとたまねぎの林(舞)画伯を捕まえ、看板を描いてもらいました。流石、画伯、あっという間に素敵な看板。報酬は、ちせさんのお菓子。。

そして開場。と、我が店の超常連ガイブンスキーさんが早速。こちらもすかさず、氏のために持ってきた本を。嬉しい限りです。修学院がご実家で、実家に帰られるついでに2つの古本まつりに(実のところは逆らしい)来られて。次いで続々と、顔見知りの古本好きの方々が(主に善行堂常連の方々)。皆さん、流石。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

本を挟んで、お客さんと色々話す。この時間はやみつきになります。名古屋での感覚がふたたび。お客さんが落ち着いた合間に、他の出店者さんのところを覗いたり(hellbent labさんでオリジナル手提げ購入、面白い絵)、えんでんまつり自体の出店や展示などをブラブラ冷やかしたり(電車焼きが美味しかった)、この日はほんと親子連れが多かったです。子供ってやっぱ電車好きなんですね。いや、結構大人も?また、知恩寺の古本まつり経由で来られたお客さんもいて、古本好きも老若男女問わず。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

お祭り終了後、打ち上げまでの間の時間に知恩寺へ。30分ぐらいしか見れず、何冊も買えませんでしたが、買う側でも楽しめて、この日は何より。打ち上げは、出町柳の「かぜのね」さんで、今シーズン初めてのお鍋、美味しかった。写真は、この日、売り上げ第1位の「文壇高円寺」の魚雷さんが、賞品の「えいでんサブレ」を受け取ったところ。一日中会場で流れていた「エイデンのテーマ(?)」の中で「えいでんサブレもよろしくね」と流れていたアレ(今も耳に残っている・・)。この後、「まほろば」へ、魚雷さん、Oさん(善行堂常連さん)、airbugさん(善行堂常連さん、今回出店)と。古色雑然としてる店内で、ええ具合に酔って、帰宅。朝5時に起きて値付けしたりしたので、あっという間の就寝でした。


今回旅立った本

『植草甚一コラージュ日記1』『ガンビア滞在記』(庄野潤三)『阿房の鳥飼』(内田百)『井伏鱒二対談集』

『旅の宿の夜話』(ヘルン)『ホワイト・ノイズ』(ドン・デリーロ)『豚の戦記』(ビオイ=カサレス)『TheVery Busy Spider』(Eric Carle)『現代フランス詩人ノート』(小海永二)

『ミニコミのつくり方』(近藤恵)『ニューヨークの半熟卵』(友部正人)『モダン・ジャズの世界』(岩浪洋三)『旅人』(湯川秀樹)

今回の〇〇は「感謝」です。ガケ書房の皆様、叡山電鉄の方々、お客様、出店者の皆様、ありがとうございました。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。