スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

です。

画像クリックで拡大   画像クリックで拡大

古書ダンデライオンが参加しているマンガ・古本カフェ「Tripel(トリペル)」の10月の手づくり市で、特別企画「ギター展示会」をやります。10月2日(土)の11時~20時、10月3日(日)の11時~18時です。要ワンオーダー。京都・滋賀のギターショップの合同で、その場でお買い上げいただくこともできます。カスタムギターなど、普段見かけないものも並びますので、この機会にぜひぜひ。

画像クリックで拡大

「林哲夫新作油彩画・ちくま表紙原画展」
10月2日(土)から13日(水)、神戸・ギャラリー島田にて。林哲夫さんがこれまで「ちくま」の表紙に描かれてきた絵の原画と、なんと(!)新作の油絵まで。これは行かねば。2日、9日のイベントも面白そうです。良い季節の神戸、ぜひぜひ。

画像クリックで拡大

これは特に意味はないです。キュート。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

休み、走る、京都

です。

今日は休みでした。こないだ休んだだろう、と言われそうですが、ま、それはそれで。とはいえ、午前中はなんだかんだあり、午後、砂の書さんへ。今月も開かれます月市で、今回も、砂の書さんの店内にて一箱出店させていただきます。毎月入れ替えてますよ。今回は店主の寺井さんに「シブイね」と言っていただきました。どんな本が出てるかはお楽しみで。コーヒーをいただきながらしばしお喋り。棚を拝見すると、秋山清の本があったのでこれを。こないだ帰郷した時、古書城田さんと話していて、秋山清が門司出身だ、という話を聞いていたので。他にも、古い文芸雑誌が入荷されていた中から1冊。昔の文芸雑誌って、凄いラインナップで贅沢です。

画像クリックで拡大

砂の書さんより、えっちらおっちら自転車をこいで、月と六ペンスさんへ。探書依頼されていた本を配達。上記の古書城田さんで発見したのです。そして、前から聞いていた、新作のラタトゥイユのセットをいただきました。具沢山の野菜が美味しい。パンも自家製。平日限定。ほどよくお腹もふくれ、眠くなりつつ、一旦帰宅し、すぐ再出発。

以前、一箱古本列車の時にお隣で出店されていたHedgehog(ヘッジホッグ)さんへ。女性店主さんの素敵なお店です。古本に加え、料理やデザインの本などの新刊書籍も。国内外の小説や絵本も色々。赤い糸でかがった値札もいいです。そして、ちょうど、店主さんのパートナーの画家・junaidaさんの展示もされていて。カラフルで精密で、でも柔かい、そして楽しい絵でした。1枚1枚の絵に動きがあり、見ているこちらの頭の中でストーリーが出来上がっていくような。原画で、絵の具の色合いも楽しめて、贅沢なひと時でした。来月4日から17日まで古本市をされるそう、これも行きたい。

画像クリックで拡大


外に出ると日も暮れて。ちょっと寒かったですが、このシーズン初めて長袖を着ていたので平気。いよっしょ、と京大前を通り、坂を登って善行堂へ。1ヶ月ぶりぐらいでした。本棚を見つつもアレコレお喋り。明日からの「郡上八幡 小さな青空古本市」にも出店されるそう。名代は、こないだの雨林舎さんでの古本市にもトップバッターで来てくださった、善行堂常連のKさん。秋は古本イベントも多くて良いです。読書の秋。棚を一渡り見て(一ヶ月ぶりだと本が変わっていて楽しい)、積まれている買取り本も漁らせてもらい、数冊と、山本さんの新刊を。サインをしてもらって「なんかオモロイ識語(メッセージ)をお願いします」と言うと、「オモロイことはムズカシイなぁ」と言われて、マジメな言葉を書いてくれました。いや、いいお言葉ですよ。。写真は、ガケ書房さんの子子子さん制作のハンコたち。細かい細工が素敵すぎます。他に店内で面白い偶然があったのですが、これは機会があれば後日。

こちらを辞して、ガケ書房さんへ。自称癒し系店長山下さん、名物店員ウメノさん、影の大番長堀口さんとザ・ガケトリオ(失敬)がレジに。アレコレお喋り。そして店内周遊。新刊も古本も雑貨も、どれも目を引くものがアレコレ。今度の店内イベント「ひさうちみちお×みうらじゅん「Hの學校 夜の保健室篇@ガケ書房」」がもっそい面白そう。というか間違いなく面白いはず。まだ空きがあるそう。仕事上がりのウメノさんとお店の向かいのラーメン屋「あかつき」へ。今度の古本イベント「一箱古本市inえいでんまつり」のことや(ウチもまた出店しまっす)、こないだの帰郷のことなど(ウメノさんとは同郷)を話しながらズルズル。

ウメノさんと別れ、坂を下り「ItalGabon(アイタルガボン)」さんへ。今度、「ブックトラベラー〇〇を追え」というイベントでご一緒するお店です。Tripel(トリペル)にも先日来てくださいました。町家を改装された(広い、素敵)カフェ。メニューが多くて、そしてお手頃で、居心地良くて。お酒をいただきながら、お互いのことや、お店のことから、地蔵盆とか、今度の区民体育祭のことまで色々話し込んでしまい、気付けば閉店時間が過ぎていました。時間を忘れて過ごせるお店です。

画像クリックで拡大

お二人にお見送りいただき、最後の「締め」にエレファント・ファクトリーさんへ。涼しくなった週末の木屋町は賑わってました。路地に入り、階段を上り、開け放たれたドアから店内へ。夜の常連さんテーブルへ招かれ、今日の常連さんは仏師さん、学生さん、美容師さんに某メーカーの方。毎度、面白いお客さんが多いです。煙管(煙草)・秘密結社・西院ミュージックフェスティバル・管楽器・鬼ごっこと閉店時間まで、話題もアレコレ。ここで夜遅くにコーヒーを飲んでも、眠気はちゃんと来ます。一日の締め括りにもお薦め。

一日走り回って、リフレッシュ完了。明日からまたボチボチと。


お知らせ:9月26日(日)、トリペルで「豆ランチパーティー」やります。まだ少し空きがあります。興味のある方はぜひぜひ。詳細はコチラ

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

帰郷×帰京

です。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大


弟の結婚式で、実家の福岡へ帰っておりました。当日は天気も良く(かなりの陽気で、蝉も鳴いてた)、場所も綺麗なところで、また久々に家族や親戚にも会うことができました。やはり友人の結婚式とはまた違い、家族の結婚式というのは、何か落ち着かない心持ちではありましたが、良い式でした。お嫁さんは、映像ディレクターをしていて、会社の方の協力で、新郎新婦出演のオリジナルムービーを作り、それを式で流し、笑いと感動を、弟は、バンドをやっていて、友人達が演奏してくれたり、新郎新婦で井上陽水・奥田民雄の「ありがとう」を歌ったりと、楽しい式でもありました。

画像クリックで拡大   画像クリックで拡大

式が終わって、祖父母宅へ。やっぱり気が張っていたのか、酔っ払ったのか、気が抜けて、畳でごろごろ。皆で相撲観戦をして(やはり福岡出身の魁皇を応援、息詰まる取組でしたが白星)、のんびりと。写真は、祖父母が昔旅行先で求めた、くるみわり人形(E・T・A・ホフマンでお馴染み)。口を開けると、ヒゲがあご下に収納される細かい作り。かわいい。

画像クリックで拡大

毎度お馴染み、古書城田さんにも行きました。北九州に帰った日と北九州から帰る日。結婚されたばかりで、奥さん・女将さんのみーさんとも会えました。京都の大学に行かれてたそうで、京都話もできました。古書城田さんの新たなご活躍も楽しみ。今回も、探していた本、読みたかった本、読んでみたい本と、良い本がありました。北九州へお立ち寄りの際は、ぜひぜひ。

京都へ帰ってすぐに、エレファント・ファクトリーに行ったのですが、そこで初めてお会いした武谷大介さんというアーティストの方と話すと、お母様が北九州出身ということでびっくりしました。カナダに住んでおられるのですが、京都に滞在の間に作品制作をして、それを展示されるそう。ぎゃらりぃ思文閣にて10月1日から11日まで。会期中に、ギャラリー内で屏風の製作もされるそう、面白そうです。こちらもぜひぜひ。

しかし、今回も、旦過市場の大學堂に行けなかった・・・。次回こそは。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

お休みのお知らせ

です。

画像クリックで拡大

9月14日から21日の間、ご注文・買取の受付をお休みさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

写真は知人宅の子猫。可愛い過ぎる・・・。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

多謝、古本市in雨林舎さん

です。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

先週の土曜、日曜、雨林舎さんでのカライモブックスさんとの共同古本市、無事に行えました。ご来場いただいた方々、ご協力いただいた方々、ありがとうございました。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

結局、本の値付けは徹夜仕事になり、開場の頃はヘトヘトでした。が、やっぱりお客さんが来られると嬉しくなって楽しい時間を過ごすことができました。翌日の日曜、あっさり寝坊してしまいましたが(ジュンペイさんゴメンなさい)、林哲夫さん、ガケ書房の山下さん、ぱんとたまねぎの林舞さんはじめ多くの方々に来ていただき、これまた嬉しかったです。山下さん、差し入れビールありあとやした。昼ビールはうまかった。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大    画像クリックで拡大

今回も終わってみて、古本市に行くのもいいけど、古本市をするのもいいなぁ、としみじみ実感しました。今回は量が多くて準備が大変でしたが(筋肉痛も2日ぐらい)、これからも機会があれば、どんどんやりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。10月、11月にも某古本イベントに参加予定ですので、お楽しみに。

今回旅立った本

『ブリキの太鼓』(ギュンター・グラス)『エムズワース卿受難録』(P・G・ウッドハウス)『裸のランチ 完全版』(W・バロウズ)『人形の家』(トーベ・ヤンソン)『ディアドレ』(J・ジェイコブズ)『タンホイザー』(グリム兄弟)『ラミニャの呪い』『ゾマーさんのこと』(P・ジュースキント)『ぼく自身あるいは困難な存在』(ジャン・コクトー)『王女マメーリア』(ロアルド・ダール)『砕かれた四月』(イスマイル・カダレ)『風狂王国』(アンドレ・マルロー)『空の青み』(G・バタイユ)『幽霊たち』(P・オースター)『ぬすまれた宝物』(W・スタイグ)『ハザール事典 女性版』(ミロラド・パヴィチ)『市場めぐり』『新年の贈り物』『ちょうちょうの舞踏会とバッタの宴会・くじゃく家の祝宴』

『伝馬町から今晩は』(山田風太郎)『詩集 荒地』(菱山修三)『紙絵と詩 智恵子抄』『書斎の死体』(田村隆一)『暗い青春・魔の退屈』(坂口安吾)『手紙読本』(江國滋編)『完璧な病室』(小川洋子)『奇妙な小説の味』(吉行淳之介編)『人間泉鏡花』(巌谷大四)『諫早菖蒲日記』(野呂邦暢)『狂人日記』(色川武大)『小さな生活』(津田晴美)『江戸アルキ帖』(杉浦日向子)『世界カタコト辞典』(開高健・小田実)『春の数え方』(日高敏隆)

『きようと No.17』『きようと No.48』『洛味 第三集』『文藝大學 創刊号』『苦楽 昭和23年3月号』『苦楽 昭和23年4月号』『文藝春秋 昭和25年新年特別号』

『海峡の女たち 関門港の沖仲士の社会史』(林えいだい)『暗号の天才』(R・W・クラーク)

『アメリカ乱入事始め』(山下洋輔)『大作曲家の少年時代』(ウルリッヒ・リューレ)『世界楽器入門』(郡司すみ)

『装丁物語』(和田誠)『The ART of Calligraphy』

『うどんすき物語』(亀井巌夫)『百魚歳時記』(岩満重孝)『妖怪学新考』(小松和彦)『拓本入門』(本山ちえ)『インタビュー術!』(永江朗)『小津安二郎を読む』『ユリイカ 宮崎駿の世界』

などなど、感謝です。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

鋭意値付け中

です。

画像クリックで拡大   画像クリックで拡大   画像クリックで拡大   画像クリックで拡大

画像クリックで拡大   画像クリックで拡大

いよいよ明日、雨林舎さんでの「カライモブックスと古書ダンデライオンのぼくたちなかよし古本市!!」
とき:2010年9月4日(土)、5日(日)、11時30分~20時30分
ところ:喫茶 雨林舎さん2階ギャラリースペース

今もせっせと値付け中です。間に合うやろ、とボツボツやっていたのですが、忙しいときには忙しいことが重なるもので、気付けば明日。夏休みの最後にまとめて宿題する小学生の気分。成長してないなぁ。何とかかんとか頑張ります。

最近、戦後の文芸・総合雑誌を入荷しましたので(写真画像以外のものもありますよ~)、それも持って行きます。当時の人気画家による表紙絵や挿絵、初出作品は勿論、文芸時評、文壇事情や時事、単行本や全集には入ってないであろう小文、巻末の編集後記など、雑誌、たまりません。ちょっと見すぎて値付けが遅れたという説も。ぜひ手にとってみてください。

持って行く本のジャンルは、海外・日本文学、芸術系、哲学など思想書、歴史関係、食やお酒の本、本の本、文庫本各種などなど。何か良いのが見つかる(はず)。お天気も良さそうです。冷たい美味しい飲み物もあります。ぜひぜひ。

明日はトリペルの店番のため、15時まで雨林舎さんに居ます。トリペルへのハシゴも歓迎です(こっちにも古本ありますよ~)。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。