スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のあとの旅のあとの旅~一箱古本市in円頓寺商店街後記~

です。

一ヶ月ほど前のこと、ツイッターでブックマークナゴヤの記事を発見。去年、一箱古本市に参加しようと思ったものの(あとsumusメンバートークイベントも行きたかった)、はんのきの改修作業が始まっていたために行けず、今年こそは、と、公式ホームページより参加申し込み。

その後、実行委員会より返信をいただき、申し込み完了。本を選びにかかるが、忙しさの中で後回しになり、気付けば開催1週間前。名古屋在住の友人宅に一旦、本を送り、そこから会場に運び込む算段。ところが、その友人が連日仕事の帰りが遅いということで、宅急便を確実に受け取れるのが土日のみ。

という訳で、今年5度目(!)ぐらいの徹夜作業。自営業なのに徹夜するはめになるのは、忙しいとはいえ、ひとえに怠惰のたまもの。あと花粉症のせい(にしとこう)。本の選定と値付け、梱包、夕方17時から開始して、発送したのは翌日13時。さすがにその後仮眠したけれども、夜は学生時代の友人と久々の呑み会、と懲りてないことこの上なし。

ともあれ、昨日、夕方京都駅を高速バスで出発。ちょっと渋滞に巻き込まれるも無事名古屋着。友人と合流し、名古屋駅で晩御飯を食べ、友人宅へ。アレがアレなことになっていて、アレを見たりコレを見たり、ひとしきり遊んで就寝。

そして本日、快晴。鼾の被害も幸い無かったそうで、中村鼾被害者の会の会員が増えなくて一安心。友人は会社の研修のため、ここで別れ、タクシーを呼んでもらい、単身、会場へ。

画像クリックで拡大

無事到着、受付。東京から来たPippoさんと1月以来の再会。昨日、名古屋の古本屋さんに行かれたそう。相変わらず精力的。そして徒然舎の廣瀬さんとも久々の再会。昨年、はんのき開店直後にお店に来てくださいました。最近古書組合に加入されて、いよいよ本格的な古本屋さんに。廣瀬さんもあちこちの古本イベントに参加されています。古本界の女性は凄い。

で、早速、割り当てられた場所へ。運営スタッフの方が運ぶのを手伝ってくれました。営業されていないお店の軒先が各ブロックになっていて、そこに2~3組が出店する、という形。円頓寺商店街は、東西の通りのアーケードで、ちょうど真ん中の大きな通りに分断されていて、自分の場所は、西側の東の入口のところ。お隣になったのは、地元から参加された、三橋さん。去年も参加されたそう。なんと仕事の合間に自家焙煎の珈琲の修行をされている、とのこと。服装も本格喫茶のスタイルでかっちょいい。トランクを持参されていて、お手製ポップを付けての販売。勉強になります。

画像クリックで拡大

そして自分の店開き。看板を作る暇も(センスも?)無く、写真の通り。椅子は昨日、近所の古道具屋さんで千円で買いました。右側に写っているのが『パン屋と本屋』、今回出張販売。発酵者の林さんから「おまけがあると嬉しいですよ」というアドバイスもいただいていたのですが、それも用意できず。次回こそは。

ともあれ、バタバタと開店。お客さんもちらほらと。やっぱり緊張したものの、本を通じての会話になると自然にほぐれてきて。クレジオに興味のある方、「男女の物語でお薦めの本は?」という方、なんと、はんのきに来たことがあるという方、東欧の本・絵本などを扱われていると言う古書店の方、映画制作の学校に行かれてる方、色んな人が入れ替わり立ち代り。多くもなく少なくもなく、のんびりした感じで。天気も良く、暖かく。南陀楼綾繁さんも立ち寄ってくださいました。明日のトークイベントも行きたかった・・・。不忍ブックストリートも来月末から。こちらも行ってみたい。

途中、渋滞に巻き込まれて、大阪から到着された「OCAPPA BOOK/KARIAGE BOOK」さんがお隣に。男女お二人で参加。お手製という木箱を持参されて(オシャレ!)。女性の方は、はんのきのフライヤーをどちらかでご覧になってくださっていて、ありがたや。お二人の面白そうな活動はコチラで。このエリアで名古屋・京都・大阪の3都物語も完成(?)。

この後も、色々お客さんで賑わったり、隣の三橋さんとお菓子を食べながらダベってのんびりしたり、他の出店者の方が見に来てくださったり(ミニコミ『季刊 すきま 11号』とフリペ『屋上とそら 創刊準備号』をそれぞれ頂きました、ありがとうございました)、終了間際、徒然舎さんのブースを見に行って、Pippoさんと噂のカヒロックさんとお会いして廣瀬さんと写真を撮ってもらったり。廣瀬さんの旦那さんにも会うことができました。ご夫婦で参加、いいなぁ。

楽しい時間もあっという間、終了後、店じまいし、自宅への発送を済ませる。夜に京都で用事があるため、参加者打ち上げには出席できなかったものの、三橋さんと駅の近くの喫茶店で軽く食事をし(噂に聞いていた名古屋のサービスの片鱗を見た)、帰路へ。始めはおっかなびっくりの参加でしたが、単なる古本の売買だけでなく、参加する楽しさと、お客さんとの交流を満喫できました。また来年も出よう。興味のある方は来年、ぜひぜひ。

今回お世話になった方々、お会いすることができた方々、ありがとうございました。


おまけ:今回売れた本

『ルイス・キャロル詩集』『青銅ランプの呪』(カーター・ディクスン)『ホームズ贋作展覧会』『Les deux arbre』『世界詩人全集18 アラゴン・エリュアール・プレヴェール』『世界詩人全集17 アポリネール・コクトー・シュペルヴィエル』『新訳 肉体の悪魔』(レーモン・ラディゲ)『マミンカ』(Y・サイフェルト)『チャペックの犬と猫のお話』『毒薬ミステリ傑作選』『黒魔術の娘』(A・クロウリー)『翻訳困りっ話』(柳瀬尚紀)

『新装版 現代詩読本 中原中也』『ちくま日本文学全集 深沢七郎』『さよならの城』(寺山修司)『花詩集』(中原淳一)『ユーモアSF傑作選』『三島由紀夫おぼえがき』(渋澤龍彦)『私はそうは思わない』(佐野洋子)『怪奇探偵小説集Ⅱ』『文章読本』(丸谷才一)『女』(山本容子)『スペイン読本』、以下内田百『百鬼園日記帖』『春雪記』『まあだかい』『新・大貧帳』『長春香』『古里を思う』『青葉しげれる』『百鬼園先生言行録』『冥途』『タンタルス』

『旅の発見』(宮本常一)『宗教とアウトサイダー』(C・ウィルソン)『剣豪伝説』(小島英照)

『子供より古書が大事と思いたい』(鹿島茂)『猫だましい』(河合隼雄)

『ねこに未来はない』(長田弘)『ベティ・ブープ伝』(筒井康隆)『昭和ベエゴマ奇譚』(滝田ゆう)『岡本太郎に乾杯』(岡本敏子)『美しの首』(近藤ようこ)『さかさま世界史 怪物伝』(寺山修司)『阿佐田哲也の怪しい交遊録』

『映画術』(ヒッチコック・トリュフォー)『オイスター・ボーイの憂鬱』(ティム・バートン)

『京都カフェ散歩』(川口葉子)『パリっ子のおばんざい』(石澤季里)『食道楽の献立』(村井弦斎)『天皇の料理番』(杉森久英)

『ぱんとたまねぎ 臨時増刊号 パン屋と本屋』

などなど。感謝です。


新しいリンク:昼はカフェとショップ、夜は酒房のたなかやさんのブログです。温かみのある木造の家で、お昼のランチ・カレー、もしくは週末の日本酒を中心とした酒房が楽しめます。お近くにお越しの際はぜひぜひ。

余談:ツイッターはじめました。1、2日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。
   http://twitter.com/koshodandelion

スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

旅のあとの旅のあとの旅~一箱古本市in円頓寺商店街~

です。

画像クリック拡大

明日から2ヶ月にわたって開催されるブックマークナゴヤのイベントの一つ、一箱古本市in円頓寺商店街に行ってきます。明日20日(土)、11時から16時まで。

本の送り先の友人の都合で、1週間前に名古屋へ送ったのですが、海外文学・いろいろ単行本・いろいろ文庫本の各1箱ずつの計3箱をセレクトしました。徹夜で・・・。本を選ぶのと、値札スリップ作るので大変でした。もう何を入れたやら忘れてますが、頑張って選びました。果たして何冊売れるやら、期待(2割)と不安(8割)が。単に遊びに行くだけにすれば良かった、などと、今更思ってます・・・。

何はともあれ、他の参加者の方の本を見るのも楽しみです。当日はよろしくお願いします。


新しいリンク:昼はカフェとショップ、夜は酒房のたなかやさんのブログです。温かみのある木造の家で、お昼のランチ・カレー、もしくは週末の日本酒を中心とした酒房が楽しめます。お近くにお越しの際はぜひぜひ。

余談:ツイッターはじめました。1、2日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。
   http://twitter.com/koshodandelion

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

旅のあとの旅~雨中奈良古書店めぐり~

です。

今週の火曜日、寒の雨降る中、朝9時過ぎに合流。車を駆るは、きりりんさん。ガケ書房の古本棚に出店中。時間があれば、各地の古本屋を巡り、近い将来、全国古本屋巡りを目論んでおられるお方。もう一方は、ご存知、古本ソムリエこと山本善行氏。「今日は20箱分ぐらい買おうか」と、この人ならホントにやりかねない、と思うことをおっしゃる。で、二人合わせたら100歳超えているなぁ、と心の中で思う若輩のワタシ。3人で早速奈良へ向け出発。

と、途中の小倉でブックオフに。きりりんさんの頭の中には、1分の隙も無く、無駄なく周れるコースが描かれていました。まだ10時開店前。パチンコ屋でもないのに入口で開店を待つ。他に待っていたのはマンガを読みに来たであろう高校生らしき若者2人。と、開店。古本道の先輩二人がいるので緊張する。思い思いの場所に散る三人。山本さんはやはり均一の方へ。途中途中、収穫物を見せてもらいながら(さっそく勉強になった)、回遊して精算、出発。

その後、奈良でもブックオフに寄り、いよいよ近鉄奈良駅前から商店街の中の古書店へ。まず手前のフジケイ堂・小西通り店へ。2年ぐらい前、奈良の古書店めぐりをした時も、ここがスタートでした。平積みの高さをぜひ見て欲しいお店。リーズナブルで、1円単位の価格をつけているのが面白い。平積みの向こう側を覗き込んだり、平積みの本のタイトルを横になりながら見たりして、『新日本文学 中欧特集』(1990年秋号)を発見して心が軽くなる。

きりりんさんお薦めのお店でうどんを食べ、もちいどのセンター街の中へ。次もフジケイ堂さん。もちいどの店。こちらは2階。入口から、階段途中にも均一本・セール本が。店内には黒っぽい本も。ここでも平積み本が。人文系の本が万遍なくあります。前回来たときは『兵士シュベイクの冒険』を買ったっけ。ここで、東京に行ったときにみつけたけれど高くて見送った本を発見。ブラボー。

画像クリックで拡大

まだまだ奥へ。智林堂書店さんへ。表の均一台が近づくや、山本さんが小走り。均一本のスペースが広く、何かありそうだという気配がプンプン。『怖るべき子供たち』(ジャン・コクトー、東郷青児訳、天城書房、1947年)があり、ほこほこ。店内に入ると、天井まで聳える棚がずずいと。そして品揃えも良い。ジャンルごとに面白そうな本があれこれ。店主さんの妹さんがお店番をされてました。去年、下鴨の古本まつりの昼食会の時にお会いして以来。ご挨拶もそこそこに棚を見るのに夢中になってしまいました(スミマセン)。帳場の後ろの棚にも本が天井までぎっしり。これだけ本を並べられたらいいなぁ。

さらに商店街を奥へ。朝倉文庫さんへ。文庫全般もですが、特に中公文庫の品揃えが凄い。しかも本のほとんどにパラフィン紙が巻かれていて、清々しいです。珍しい本もあちこちに。海外文学の品揃えも良いです。見ているとヨダレが・・・。

さらに奥の十月書林さんへ。前回はここまで来ませんでした(リサーチ不足・・・)。こちらも黒っぽい本がかなりある、広いお店。この商店街は凄いです。ここに住んだら、毎日この通りを往復するだろうなぁ。帰りに智林堂さんの前を通ったとき、ふと見ると店主さんらしき方が。店主さんのブログも読み応えがあります。

再びきりりんさんカーで天理市へ。途中、見かけた新古書店にも寄りつつ、最後のフジケイ堂・天理店へ。お店に着いてびっくり。表の均一本・セール本の多さに唖然。文学から雑誌から絵本からなんからかんから。店内に入るまで、アチコチをうろうろ。店内もまた広く、2階があり、これまたびっくり。価格もかなりお手頃で、気付けばあれもこれもと。山本さんを見ると、山本さんの手元の本も結構な高さに積まれて。「いいですね」「いいなぁ」と言いつつも棚から目が離せず。もはやアッチの世界に。山本さんは流石のゴッドハンド。上林暁を。パラフィンが巻かれていて、背のタイトルがほとんど見えないのにしっかりと。今回の古本(日帰り)旅の締め括りに相応しいお店でした。

この日は古書店・新古書店合わせて10件ちょい周りました。疲れたけれども、楽しかったです。きりりんさんのお蔭で、これだけ周れました、ありがとうございました。山本さんも、今回も色々教えていただき、ありがとうございました。またぜひ連れて行ってください。

付記:訪れた古書店さんの写真が少ないのは、古本屋が見え出すと、皆、気持ち早歩きになり(なったように自分が感じ?)、先を越されては、と焦ったことからです。ちっちゃいなぁ、自分、と思いました・・・。反省。


新しいリンク:昼はカフェとショップ、夜は酒房のたなかやさんのブログです。温かみのある木造の家で、お昼のランチ・カレー、もしくは週末の日本酒を中心とした酒房が楽しめます。お近くにお越しの際はぜひぜひ。

余談:ツイッターはじめました。1、2日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。
   http://twitter.com/koshodandelion

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

北九州人中・四国漫遊記~初日・岡山文庫とらんちうと鼾~

です。

事の始まりは2ヶ月ほど前、私の地元の古書店・古書城田さんから「蟲文庫さんで知久(寿焼)さんのライブあるから一緒に行こう」とお誘いをいただいたことから。しばらく旅らしい旅もしてなかったので、「はい、行きます」と即答。この間、相当に忙しく、旅の期待はますます膨らんでいきました。また、城田さんが旅の行程を色々と考えてくださり、四国や広島にも行こうということになり、まだ見ぬ古本屋さんへの期待も膨らんで。

そして、旅の初日がいよいよ。仕事を片付けたり、放っぽりだしたりして、満を持して(?)出発。良いお天気でした。京都駅前から高速バスに乗って、いざ岡山・倉敷へ。土曜日ということもあってか、乗車率は高い。前には、国籍不明のおねーちゃん2人組み。聞きなれない言葉で喋っていて(スペイン語かな?)、その不思議な響きに揺られ、すぐに眠りこけてしまいました。目が覚めるともう兵庫。旅の袖珍本『古本屋月の輪書林』(高橋徹、晶文社、1998年)を読む。読み終わる。面白い。高橋さんは岡山の生まれだそう。

渋滞で30分遅れで倉敷駅に到着。城田さんは前日徹夜仕事があったそうで、まだ東進中。荷物をコインロッカーに入れ、レンタサイクル屋さんへ。残念なことに、全部出払ってしまっていたのですが、店のおっちゃんが「しゃあない、入荷したてのやつを・・・」とピカピカのチャリンコを貸してくれました。いざ倉敷巡り。まずは、そう、やっぱり長山書店さん。

画像クリックで拡大

前回と変わらず、面白く、1時間超、1、2階をウロウロ。こちらの岡山文庫(日本文教出版株式会社)の品揃えは凄いです。『岡山のエスペラント』『岡山の内田百間』『岡山の現代詩』『木山捷平の世界』などを購入。ほかにも色々面白い本が。たまらんなぁ、と一人ほこほこ。

画像クリックで拡大

そして、美観地区へ。蟲文庫さんの前を通ると、今日は営業をお休み。夜のライブの準備とかされてるのかな?と。しかし、店内でライブって、机とか動かして大変そうな、と。で、蟲さんの隣の隣の坂を登ったとこの今夜の宿、「御坂の家」のチェックイン手続きを。NPOの倉敷町家トラストさんに電話を掛けて、これまた近くの「Felicite」さんで手続きを。案内をしていただいて、室内の説明を。超素敵です。畳なのがまた良い。ちょっと一休み、と横になって、買った本をパラパラ。良い天気と畳と古本、申し分ない休日。

自転車を返しに行って、歩きで美観地区を一巡り。商店街の中も良さげなお店が多い。昔ながらのお店も結構残ってる。いいなぁ。食べもの屋さんも色々おいしそう。御坂の家の先のとこで、先ほどのトラストの方とばったり。良かったら、と、すぐそこの、改修第2号になる予定のお宅をちょこっと拝見させてくださいました。築100年は楽に越えているよ、という木造住宅。広い!奥には蔵が。増改築をされているので、元の姿に戻すのが大変なのだそう。ここがどんな風に改修されるのか楽しみ。

家に戻り、うたた寝。畳はいいです。と、城田さん到着。約400キロをぶっ飛ばして来られました。ライブ開始30分前でドンピシャ。「まずはお酒を」と「倉敷つららら」さんへ買いに行き、蟲文庫さんへ。もう待ちきれないお客さんの行列が。

知久寿焼さんは元「たま」というバンドをされていて、今はソロ活動や「パスカルズ」というグループでも活動されています。もちろん「たま」は知っていたのですが知久さんの名前は、恥ずかしながら、今回初めて知りました。

入口で蟲文庫の店主・田中さんが受付を。お店に入ると、お店の真ん中にあった机が取り払われていて。帳場の中にもお客さんがずらりと。「立ち見もできますよ」ということで、お店の左側の棚の後ろでスタンディング。真正面で知久さんの演奏があり、アゴを本棚の上に乗せつつ、気持ちよく聴けました。田中さんのお手製らしきクッキーも振舞われて。

まったく予習(CDとかyoutubeとか)なしで行ったのですが、ウクレレやギター、ブルースハープを弾きながらの知久さんの歌は、迫力があり、でも程よい響きが店内に行き渡り、物悲しい歌、楽しい歌、不思議な歌と、昔「たま」の歌を耳にしていたときの、あのなんともいえぬ不思議な感覚の中にどっぷりと浸りこんでしまいました。知久さんは曲が終わるたんびにくぴくぴとビールを呑んでいたのも面白かったです(3本くらい呑んだ?)。こちらも自分のお酒に城田さんのお酒もいただきながら(蟲さんの店内も夜は寒かった)、でも、店内には穏やかな熱気が。そうして、あっという間にライブも最後、アンコールにお客さんのお子さんの「ひとだま音頭」のリクエストで楽しく、みんなの手拍子で終了。ほんとうに来てよかったなぁ、と思いました。

解散後、ちょっと間を置いて、蟲文庫さんの店内で、知久さんを囲んでの小宴会に出させてもらいました。田中さんと田中さんのお母さん手作りの食事をいただきながら、美味しいお酒をいただき、歓談。なんと、そこに(ライブから)荻原魚雷さんがご友人と来られていてビックリ。以前、自分の店番時ではないのですが、はんのきにも来てくださっていて、お会いできて感激。魚雷さんが魚雷さんである由来を聞いたり、知久さんのウクレレの話、植物話、知久さんが好きだとおっしゃられている友部正人さんの話など、なんだか色々話を聞かせていただいたのですが、興奮の内に酔っ払ってしまい。そちらの解散後、城田さんの「もう1軒」の声で駅前に繰り出し、これまた老舗なバーレストランで締めの一杯を。ふらふらと御坂の家に帰り着き、えもいわれぬ幸せな気分で布団に倒れこんだのでありました。つづく。


新しいリンク:昼はカフェとショップ、夜は酒房のたなかやさんのブログです。温かみのある木造の家で、お昼のランチ・カレー、もしくは週末の日本酒を中心とした酒房が楽しめます。お近くにお越しの際はぜひぜひ。

余談:ツイッターはじめました。1、2日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。
   http://twitter.com/koshodandelion

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

また逢う日まで

です。

画像クリックで拡大

昨日、2月28日をもって、BOUZcafe(ボウズカフェ)さんの営業が終わりました。はんのきの店番後に行くと、そこには、多くの常連さんが。皆、名残惜しそうに、また、いつものようにカレーを食べたり、マンガを読んだりと、どちらかというと淡々とした最終日でした。

思いおこせば、ボウズカフェに来たのは、古書ダンデライオンを始める前の約2年前。今の場所に引っ越したのですが、洗濯機置き場に本を置いたため、洗濯機を買わず(前に住んでいた所には初めからあった)、近所の交番でコインランドリーの場所を聞いて行ったのが、ボウズカフェさんの隣の隣の所。洗濯・乾燥の待ち時間にフラっと寄ったのがはじまり。

そこから、そこで多くの人と出会いました。古書ダンデライオンの初めての買取りをさせてもらったり、本好き、マンガ好き、映画好き、音楽好き、競馬好き、話好きなど面白い人たちとの出会い、今のはんのきの町家を紹介してくれたミシェル(日本人)や、はんのきメンバーのabocadouさんともここで。また、はじめて古書ダンデライオンの古本を店頭販売したのもコチラ。思い出すことが山ほどあり(山ほどカレーも食べた)、昨日はそうでもなかったものの、今、これを書いていて、やばいです。

昨日は、ワインを持ち込み(以前ブログで書いたボジョレー)、また、先日お伺いした「寄木庵」(4月から先斗町でリニューアルオープン)の尾立さんがワインを持ってきてくれたり、楽しかったです。ラストカレーもしっかり食べて。写真は、ボウズカフェ最後の焼ソバを食べる「おかばあ」のおかくんです。焼ソバは1回くらいしか食べてなかったなぁ。最後は12時(過ぎ)にクラッカーを鳴らして。

店主の柿成さんの話では、また何時か場所を変えて出店するとのこと。場所は変わっても、また、ボウズカフェのあののんびりとした空間があるはず。楽しみにしています。色々とありがとうございました。また逢う日まで。


余談:ツイッターはじめました。1、2日に1回ぐらいつぶやいて(パソコンから)ます。
   http://twitter.com/koshodandelion

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。