スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の

です。

昨日、日曜日、ボウズカフェさんの、今年最後の営業日でした。12月、店主の柿成さんは、娘さんの留学先のフィンランドへ遊びに。ロンドンにも立ち寄られるそう。う、羨ましい・・・。もう今年、カレーが食べられないのも寂しいなぁ。

画像クリックで拡大

そんなボウズカフェで、昨日イベントが行われました。
『路上』などの本で知られる、アメリカのビート・ジェネレーションを代表する一人、ジャック・ケルアックに関するもので、ケルアックの元奥さんのイーディ・ケルアック・パーカーの書いた回想記の出版に尽力したティモシー・モランさんが来日されて、上記の本『You'll be Okay』や、ケルアックにギンズバーグバロウズをひきあわせた、けれども、生前、脚光を浴びることのなかったイーディのことを語ってくれました。

画像クリックで拡大

『You'll be Okay』の邦訳は、東京のトランジスター・プレスから出版予定。社主の佐藤さんも来られて、ビート・ジェネレーションについてのお話も。『路上』の無削除版にはイーディのことが多く書かれているそう。ちょっと前に出た、河出書房新社の世界文学全集の『オン・ザ・ロード(路上)』の新訳ではどうだっただろう?

写真1枚目の真ん中の背の高い人がモランさん。コチラにプロフィールが。前日、兵庫でも同じイベントが開催されました。煙草を吸いに外に出てきたモランさんと少し話したのですが、「ケルアックは、最後はほぼ無一文でボロボロになって死んだけど、今は、彼の本は大金を生んでいる」と、少し寂しそうに複雑そうに話してくれたのが印象的でした。(意訳なので、違ってたらご容赦。)

イーディもまた、回想記を記したものの、出版界から見向きもされず、生前にこの本は出版されず。ティモシーさんの10年以上の尽力で、ようやく2007年に出版。日本語訳を早く読んでみたいですね。

この日は他に、ビートの影響を受けたフェミニズム運動をされている方のお話や、アメリカで「ジン」と呼ばれるミニコミ誌の紹介(日本のものも含めて)、詩人の方々による朗読などがあり、熱い熱い催しでした。

おかばあ」の副店長で詩人の竹村くんの詩の朗読も(彼が仲間と作っている『ツェルヴィツ通信』や奈良の『紫陽』などおかばあで手に入ります)ユニークで面白いものでした。他の詩人の方も、独特の空気と熱さがあり、素敵でした。

画像クリックで拡大

写真3枚目は、トランジスター・プレスの佐藤さんのお祖母さん手作りの和菓子。ホイットマンの『草の葉』にちなんだものと、東京の若者の夜遊びの象徴「黄色い象」。黄色い象に関しては、ようやく長年の謎が、この日解けたのでした。みなさん知ってはりました?

ボウズカフェの年明けの営業は、6日か7日あたりだそうです。開いたら早速、初カレーを食べねば。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

ワイングラス

です。

画像クリックで拡大

前回ワインのことを書いたので、ワイングラスを求めに行きました、という訳ではありません。

いつもお世話になっている知人のお姉さんのお店の移転新規開店のお手伝い。ワインをメインに出されているので、新しく入れられたグラスも含めて、洗い&拭き。

沢山、沢山。昨日、今日、明日。ちっさいのからでっかいのまで。厚いのから薄いのまで。久々のワイングラスを洗うという作業。緊張しますが、やってしまうとスッキリするもの。

とりあえず割らないように頑張ろう・・・。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

元気です

です。

しばらくブログご無沙汰しておりました。「元気にしてんの?」「生きてんの?」「見てやってるんだからしっかり書け」などの暖かいお言葉をいただき、ありがとうございました。またボチボチと書いていきます。なんのかんのと忙しくて、忙しい割に書くことが無くて、サボってました、すみません。

画像クリックで拡大

ところで、毎年恒例のボジョレー・ヌーボー買いました。普段ワインはほとんど呑まないのですが、毎年1回、この時だけ買って呑んでます。軽くて呑み易いし、「新酒」という響きに弱いもので。

しかし、普段、家でお酒を呑まないので、呑むきっかけが必要となります。一周年はもう過ぎたし、特段、祝うことがありません。何か起きるまで、しばらく冷蔵庫で眠ってもらうことになりそうです。遠くて正月かな・・・。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

第2回図書研究会

です。

画像クリックで拡大

今回の図書(ずしょ)研究会は、立命館大学近くの「堂本印象美術館」にて。自分で自分の美術館を作った堂本印象。凄い。外観、外のオブジェ、ドアまで印象。すごい。

現在催されている企画展「和装美人から洋装美人へ 大正・昭和の女性像」を先ず見てから。長い廊下に竹久夢二・宇崎純一・小林かいち・東郷青児に作者不詳の着物美人絵葉書、当時の着物美人のポスター(デパート・ビール会社)がずらりずらりと、いきなり贅沢な展示。

広い展示室には、堂本印象・伊藤深水・上村松園ら日本画家の和装洋装美人絵がずらり。大きな絹本絵もたくさんあり、これまた贅沢。勝手に美人コンテスト第1位は山川秀峰の「美人図」。中村大三郎の美人は妖しすぎます・・・。

観覧後、元堂本印象宅の「茶論(さろん)」にて、生田誠さんによる美人絵葉書をはじめとする京都絵葉書を見せていただきながらの解説(眼福!)。お集まりの皆さんも、いずれ劣らぬ絵葉書業界の方々、色んな作家・画家や版元、販売店、印刷法の名前が飛び交い、メモも追いつかず。林さん曰く、「絵葉書も深くて底がないね」と、ですねぇ・・・。

時間が経つのもあっという間、その後、エクストラでマックでマン・レイさん、生田さんのコレクター&研究話を拝聴。コレクター道かくあるべし、ということを実感。自分の古本道は・・・、明日はどっちだ?

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

『もの の つづき』

です。

画像クリックで拡大

凹凸舎」の大沼ショージさんという方が出された写真集。活版印刷において使われる、諸々の用具・道具を撮影されたもの。

金属活字の様々なフォント、それを組んで印刷するための様々なパーツ、その一つ一つをモノクロ写真におさめられているのですが、それぞれが独自に放つ不思議な存在感に見入ってしまいます。実際に使われていたものを撮影されていて、これはどのように使われる道具なのだろう、とか、これがどれだけの本を生み出してきたのか、とか色々考えながら見るのも楽しい写真集です。

巻末には、職人さんのポートレートもあり、これがまた、いい。また、装本にもこだわられていて、なんと本の「背」がありません。表紙・ページを糸でかがったあと、粘剤で固められています。この本を教えてくださったアトリエ箱庭さんによると、これはちゃんと分類すると「和本」の部類に入るのだそう。ぜひ実物を手にとってみてください。

詳細は、アトリエ箱庭さんまで

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。