スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彷書月刊』に「はんのき」が載った!

です。

画像クリックで拡大

彷徨舎の発行する、古本専門誌『彷書月刊』に、な、な、な、なんと「町家古本はんのき」の記事が載りました!年の終わりが近づく中、今年一番の嬉しいことかもです。日頃、愛読&勉強していた『彷書月刊』に。これは乾杯せねば(誰と?)。

夏の下鴨の納涼古本まつりの時に、岡崎武志さんが立ち寄ってくださり、もしやもしやと思っていて、山本さんが「記事にするらしいで」と、内定(?)を教えてくれていて、届いて載っているのを見て、嬉しいやら、驚くやら、嬉しいやら。

載せていただいたからにゃあ頑張らんと、と、気合も入りました。また、明日の店番日も、本を追加しますので、知恩寺古本まつりの後に、ぜひぜひ遊びに来てください(明日は「善行堂」の真オープン日)。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

知恩寺・秋の古本まつり

です。

実家より帰って、「はんのき」店番2日、その後は、通常仕事&在庫整理と慌しい日々を送ってました。また休暇が欲しくなってきました・・・。

画像クリックで拡大

なんて言ってられません。今日は、知恩寺・秋の古本まつりの初日。朝は肌寒かったのですが、日が昇るにつれ、ポカポカといい陽気。開場30分前に到着。奥のお堂では、「古本供養」が開かれてました。

ビニールシートに包まれた本を眺めつつ、お経のBGMと漂うお線香の香りで、うーん、異次元空間、などと考える。入口でもらった会場地図には「100円均一」が載ってない。ちょっと寂しい。。。開場前に、古本界の方々が。うーん、やっぱり今日は皆さんいらっしゃるんですね。知人のTさんご夫妻も。

開場後、少し汗ばむくらいの好天のもと、あっちゃこっちゃと周る。と、平日にも関わらず、人が多かったです。読書週間ですしね(関係ないか)。会場の端で、全集のオークションが開かれたり、毎度お馴染み「本の病院」があったり。1時間ほど周って、本はまずまず。ちょっと人酔い。

午後は、ガケ書房に行き、こちらで開催されている「古本ワンコイン」を覗いて、なんと11月号に「町家古本はんのき」の記事が載った「彷書月刊」を買う。と、そこへ南陀楼綾繁(ナンダロウアヤシゲ)さんが登場。店長の山下さんに紹介していただく。今日は博多行きの途中で京都に寄られたそう。この後、「はんのき」にも来てくださいました、ありがとうございました。また、ガケ書房さんにちょうど立ち寄られた「古書 思いの外」さんともご挨拶を。ガケ書房さんの古本棚に常設されています。こちらも要チェック。

そして、「trico+(トリコプリュス)」さんで開かれている古本&音楽イベント「cafe de poche」に。先ほど知恩寺でお会いしたBOOKONNさん、林さん に再会。そしてなんとトリコの小西さんは「はんのき」のメンバーのabocadouさんの高校の同級生でした。京都は何かと繋がりがあります。こちらでは、一箱古本市が開かれています。遠くは仙台から。こちらも要チェック(音楽イベントも)。

この後もいろいろ。家に帰って、少し休み、銭湯へ。さぁさ、今日は早く寝て、また明日から・・・。


古書ダンデライオン・1周年感謝キャンペーンもつつがなく終わりました。ご利用いただきました皆様、今までお世話になった皆様、ありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

帰郷あそびある記・続3日目

です。

楽しいひと時を過ごして、伯父宅を辞す。伯父に駅前まで車で送ってもらい、即電話。相手は、学生時代の友人のI。大阪出身の彼は、今現在、北九州の会社で働いていて、今日、城田さんに会わせるために、折尾に呼び出してたんです。えー、この時、集合かけてから40分ほど・・・。

画像クリックで拡大

待っててくれました(ほんとスンマセン)。ほんま御免、と謝りつつ、城田さんの待つ、近くの「DEL・SOL(デル・ソル)」へ。城田さんも待たせてしまいました、ほんとスミマセン。デル・ソルさんには初めて入ったのですが、そこはかとなく怪しく、でも居心地の良いライブハウス。

ステージの壁一面に、店主さんの息子さんが、音楽に合わせて描いたという絵が。かっちょいい。しかし、今月25日(明日!)に閉店するのだそう。最終日は盛大にライブイベントが開かれるそうです。帰郷初日に会った福田くんも演るそうです。コアなお店のファンの方は、ベルリンの壁みたいに、奥の壁を壊して破片を持って帰るとか、「いっそ火をつけよう」とか凄いことになっているそう。火はアレですけど、楽しそうですね。

デル・ソルさんを出て、城田さんに連れられ、ライブハウス「ブラック・ホール」へ。城田さんの知り合いの方が出演されてる、ということだったのですが、違ったらしく、一杯呑んで、再び折尾駅前に戻り、「SHOW BOAT」へ。こちらの店主さんは現役のミュージシャンだそう(デル・ソルのご主人も)。

「麻薬うどん」という一寸アブない名前のうどんをいただき(ヤミツキになる美味さ!)、車の運転でお酒を呑めない城田さんを前に、ぐびぐびとお酒をいただき(城田さんは「涙目になるよ」と)、盛り上がる。城田さんが持ってきたウクレレとギターを弾いてくれるマスター(最高)。ギターが趣味のIも、岸部眞明を弾く(これも、中々良い)。楽しい音楽の夜でした。

画像クリックで拡大

翌日、小倉駅から新幹線に乗る前に、城田さんにお別れを。「またすぐに帰ってきてね」と。すぐは無理かもしれないですが、また遊んでください。城田さんの「北九州ディープ・ツアー」もまだ堪能しきれてないですし。シロヤのサニーパン、やっぱりウマイっす。ありがとうございました。


そして、新幹線で京都へ。今回は(も?)濃密で、楽しい帰郷でした・・・。


おそまつ。




新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

帰郷あそびある記・3日目

です。

画像クリックで拡大

昼頃起床。父親の実家の伯父さん宅に電話。だいぶご無沙汰していて、今回こそはと。折尾駅(かしわめしの駅弁で有名)で下車。伯父さん宅に行く前に、ワンダーランド寿寿さんに立ち寄る、が、お店は開いてませんでした。神主さんの資格を持つという異色の古書店主さんなのだそう。あと、城田さんに教えてもらった「餃子兄弟」へ行く。がしかし、昼休み中。むむぅ、これまた残念。

そして、伯父さん宅に到着。従姉の娘のりんちゃん(5歳)がお出迎え。会うのは2年近く振り。おお、おっきくなってる。始めの内は、はにかんでいて、祖父母にお線香を上げている間は大人しかったのですが、しばらくすると、エンジンが点火。ありったけのおもちゃや絵本を持ってきて、たっぷり一緒に遊んでくれました。女の子なのに相撲が好きなんですね、ノーマル相撲に腕相撲に指相撲に尻相撲・・・。

いつまでも(約3時間)尽きること無いパワーに圧倒されて、おっちゃんヘロヘロになりました。伯母さんがご馳走を作ってくれて、従姉夫妻と従兄(ご無沙汰してました)も仕事から帰ってこられて、みんなで楽しい晩御飯をいただきました。

一方その頃、折尾駅前のセブンイレブン前で、一人の男が私を待っていたのでした・・・つづく。


新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

帰郷あそびある記・2日目

です。

翌日、昼前に起床。いっぺん目が覚めて、朝ごはんにナスカレーを食べたのですが、また寝ました。休日ですし。と、電話が。祖母から。当然、京都に居ると思っていて、驚かせてしまいました。午後に行くよー、と伝える。

父親と外で昼食。門司港まで行き、目当ての蕎麦屋さんが閉まっていたので、近くのレトロな喫茶店で。後ろの席のオバちゃんグループが賑やかでした。帰りに祖父母宅の近くで下ろしてもらい、訪問。

祖父は、パソコンの調子が悪いので、新しいのを買ったものの、ホームページビルダーが移せなくて、これもちょっと不便だとか。パソコン苦手な文系の孫はお役に立てず。理系の孫×2は博多に居るんです。祖母は個展を終えたばかりで、お客さんの話をあれこれと。二人とも元気です。見習わにゃあ。

夕方、祖父母宅を辞して、小倉へ。高校の同級生と待ち合わせ。理学療法士をしているHは、本格的な医療用マスクで登場。奥さんが出産前なので、気を使ってるそう。焼き鳥屋に入り乾杯。旬の秋刀魚(刺身・焙り・骨せんべい)や地鶏に舌鼓を打ちつつ、去年の春のHの結婚式以来の近況報告。

でも、ふと気付く、2人で呑むの初めてよね?と。長い付き合いなのに不思議ですね。こうゆうのもいいやんね、と杯を重ねる。途中から芋焼酎。くっつり食べて呑んで、駅で別れようとしたところ、「うちに全自動卓がある」という聞き捨てならない一言をHが発する。「打てると?」と返すわたし。「おとんに電話するわ」と、そのおとんが捕まり、H宅へ。

画像クリックで拡大

家に全自動卓があるなんて・・・しかも2代(台)目だそう。おっちゃんが好きなのだと。昔もH宅ではよくやりました。そして到着。お母さんに御摘みを作っていただき、もう一杯。お母さんには昔からお世話に・・・。おっちゃんが帰宅。もう一人は?と思っていると、何と、お母さんが。おっちゃんに仕込まれたとか。

うーん、麻雀一家とは・・・。みんな手付きが違いますねぇ。ファミリーパワーに気圧されつつも、1、2回目とトップ(えへん)。自分の調子が上ってきたと思いきや、皆さん、じわじわと本領発揮。そして、さすが麻雀一家の長男、大三元(一番高い役満の1つ)をツモあがり、おっちゃんも最後に見せ場をつくり、みんな、ほぼ±0(ご祝儀負け?)。うーん、強い。写真のわんこはもうぐっすりとお休みでした。これは2年前の写真。現物はちょっと年取って、寝顔が人間みたいでした。

電車が動き出したので、帰路へ。Hも今日は仕事なのに。お互いアフォですなぁ、と。またやろう、とお別れ。家に朝帰りついて、ベッドに倒れこみ、落睡。

まだまだ、つづく。


新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

帰郷あそびある記・続初日

です。

夜に北九州の小倉駅に到着。平日なのに人は多く、自由席では広島でやっと座れました。で、小倉駅のすぐ北側、古書城田さんへ。猫のツキヨが扉の内側からじっと見ている。ドアを開けると、ピューっと逃げていきました。猫好きなのに嫌われ率高いんですよね。

倉敷(蟲文庫さん)の話をしたり、明日開かれるという、古書組合の特選市会の話を聞いたり。と、そこへ、メガネをかけた好青年が。名前は福田さん。本屋勤務のギタリスト。城田さんのウクレレをすぐに弾きこなし、ギターも聞かせてくれる。古本屋に流れる生ギター、最高です。

画像クリックで拡大

城田さんの閉店後、城田さんの車で3人で、門司のサッポロビール工場跡にできた「BRICK HALL」へ。もっそいオシャレなカフェレストラン。ライブもよく開かれるそうで、前方に大きなステージが。赤レンガの工場跡を生かした素敵なお店です。

小さい頃、よく夏の「サッポロビール祭」(今行きたい)に行っていた所とは思えない。製造の醗酵課程で出ると思われる、何ともいえない匂い(風向き次第で町のあちこちで匂った)を発していた所とは。色々飲み食いしながら(ピザ、パスタ美味い!)、談笑。福田さんは、あちこちでライブ活動もされているそう。「京都でやりましょう」と、(無責任に)言ったのですが、その内来てくれるかも。ぜひ、はんのきでやって欲しいなぁ。


家に帰って一息。今日はアチコチ行ったなぁ、と思いつつ、すぐに着睡。

まだ、つづく。

福田さんのホームページ「おひるねレコード」はコチラ。「myspace」で音源も聴けます。


新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

帰郷あそびある記・初日

です。

先日、お休みさせていただいた間、実家に帰ってました。福岡県北九州市門司へ。しかし、今回はまっすぐ帰らず、倉敷で途中下車しました。なぜなら、蟲文庫さんに行きたかったから。

画像クリックで拡大

この先週に、京都からの帰りに蟲文庫さんに立ち寄られた古書城田さんから教えてもらっていた、倉敷駅側のレンタサイクル屋で速度切替のないチャリンコを借り(これは地味にハード、しかも、何故かベルが逆についてる)、まずは「長山書店」さんへ。

写真は入口なんですが、これ、ビルなんですね。しかもめっちゃ広い。本、めっちゃ多い。ジャンルも幅広く、雑誌のバックナンバー、図録なども豊富。1階と2階が販売のスペースなのですが、見て周るのにどれだけかかったか。しかもあれこれ目移りして。理性が止めなかったら、旅費をも費やしてしまいそうでした。

このあと、もう一つの大型書店「万歩書店 倉敷店」にも行き、やっぱり多くの本を見てフラフラに。やー、のっけから、倉敷凄い。

画像クリックで拡大

そして、蟲文庫さんへ。古い日本家屋の佇まい。この通りは皆、同様の古い建物の通りなのですが、やっぱり古本屋はぴったりです。二階の大きい虫籠窓(むしこまど)が素敵。

店内に入ると、古いミシンを台にした上に植物関係の本が。面白い本ばかり。古い天球儀も。そして、本はもちろん、他にも鉱石、化石、CDに竹ペンと楽しい店内。原民喜の文章を収録して蟲文庫さんから発行された本も(これは買っとけば良かった、また次回・・・)。

蟲文庫の店主・田中美穂さんに、おそるおそる自己紹介をさせてもらうと、林さんのブログで「はんのき」のことを知っててくださいました。城田さんからも聞いててくださったそうで、城田さんのプチ騒動も教えてくれました(面白いので、お店でご本人に聞いてみてください)。

小型ちゃぶ台で、お気に入りだという「天文台もなか」(美味い!)とコーヒーをいただきながら、あれこれお話を。大先輩から色々お話を伺えて楽しかったです。

帳場の横には、ご友人から預かっているという猫(美人!)が。アンコ好きだそうで、さっきまで相手にしてくれなかったのに、袋を空けるや飛びかかってきたり。田中さんの本『苔とあるく』(WAVE出版)に登場した顕微鏡があったり。

田中さんは自然体な方で、お店の雰囲気も相まって、ものすごく落ち着きました。木造建築はやっぱりいいです。ぜひぜひ倉敷へ。

この後、田中さんに教えていただいた「倉敷つららら」でご飯を。元米倉という大きなお店で、地鶏のスパイシーカレーと「吉備の烏」という地ビールの黒ビールを。一杯呑むと、休みだなぁ、ということの実感が湧いてきました(止まらなくなりそうなので、二杯目は我慢・・・これも次回)。

画像クリックで拡大

秋晴れのもと、美観地区の川沿いをチャリンコでフラフラと、これまた気持ちよかったです。

そして、北九州への帰路へ。つづく。


新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

20%オフの1周年感謝キャンペーンを25日まで開催しております。


頂いたコメント

ご無沙汰しています、以前お店に伺わせていただきました、岐阜の廣瀬です。
来月初めの飛び石連休を使い、倉敷・岡山へ古本旅行にいく予定です。
蟲文庫さんと万歩書店は予定していたのですが、こちらの記事を読み、長山書店もルートに組み入れなきゃ、と思っています。(頭も目もぐったりしそうですね…!)
その後お店はいかがですか?冬場の町家は寒そうなイメージがありますが…寒くなってきた今日この頃、いかがですか?
古本のこと、お店のこと、まだまだいろいろとお伺いしたいです。
知恩寺の古本まつりには初日に行く予定です。そちらでもお会いできるといいですね。
徒然舎 廣瀬 | 2009-10-24 22:30:54

こちらこそ、ご無沙汰しております。その節は、遠い所からお越しいただき、ありがとうございました。

万歩書店は、蟲文庫さん曰く、「岡山本店の方がいいですよ」とのこと。長山さんはお薦めです。楽しく疲れますよ(笑)

寒さ対策は、石油ストーブ導入と、各自保温装備(湯たんぽ、腹巻、猿股、カイロとか)というところです。町家の冬は未知数なので、どうなるやらです。

知恩寺に来られるのですか!ぜひぜひ、会場でお会いしましょー!
店主 | 2009-10-25 00:26:39

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

明日よりお休み

です。

画像クリックで拡大

1周年感謝キャンペーン中ですが、15日から18日までお休みをいただきます。キャンペーンは25日まで延長いたします。

久々の休みです。どっか行くやら行かないのやら。とりあえず、肝臓はよく働くことでしょう。古本屋さんには必ず行くとして、他には何をしよう。やっぱり本を読もうか。

本日、新入荷書籍(新入荷9)をアップしました。新入荷8新入荷9とあわせてチェックしてみてください。

ご注文・買取りご依頼は、19日以降の対応になります、ご容赦ください。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

四天王寺・大阪天満宮古本まつり後記

です。

画像クリックで拡大

2つの古本まつりが同時に開催ということで、ちょっと早起きして大阪へ。快晴のもと、四天王寺に開場15分前に到着。かけられているビニールシートがはがされるのが待ち切れない。もう外されているところにお客さんも集まってました。今日一番初めの棚、うーん、やっぱ初日は面白い。

1時間くらい、あれこれ回って、買ったのは安い本ばかりですが、中々に満足。と、前を見ると山本さんが。両手に本の詰まった袋を抱えられて。うん?どこかで見た光景・・・この前の下鴨の納涼古本まつりでもこの状態だったような。見過ごしていた100円均一台の場所を教えてもらって、ひととおり見たあと、一緒に四天王寺のすぐ側の、一色文庫さんへ。

古本まつりのお客さんも次々に来られてました。と、こちらで、積年探していた本を発見!しかも相場より大分お安い。感激でした。やっぱり一色文庫さんは最高です。お客さんも多く、今回はゆっくりできなかったのですが、珈琲も美味しいですよ。

二人で地下鉄に乗り、天満宮へ。でも、なんだか、一色さんで今日一番のものを見つけたと思ってしまったので、気が抜けてました。こちらで買ったのは3冊だけ。山本さんのブログによく登場されるMさんと三人でお好み焼き屋へ。

今日の収穫を見せ合い、お二人の買われた本について教えていただき、うなずくばかり。やっぱり見どころが違います。お店を出て、解散、重くなったバッグを抱え、帰京(山本さんは会場から宅急便で発送!)。

古本まつりに行くごとに、色々な本が見えるようになって楽しいです。今年はあと、知恩寺の古本まつりが。これまた楽しみです。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

20%オフの1周年キャンペーン開催しています。


頂いたコメント

おー、これ去年行ったなぁ。懐かしい。
aki | 2009-10-17 02:59:46

おいっす。古本まつりって、思いもよらない本が見つかるし、楽しいよねー。
店主 | 2009-10-19 00:49:57
誠に勝手ながら、14日(水)から18日(日)までの間、お休みさせていただきます。休み明けより、通常対応させていただきます。キャンペーンは25日(日)まで延長いたします。ご容赦くださいませ。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

オールデイ・イン・筋肉痛

です。

思ったとおり、筋肉痛が襲いかかってきました。朝、目が覚めて、起き上がれず(全身の筋肉が痛い)、小1時間ほど仰向けで、タイマーでついたテレビの音を聞く。そこからなんとか這い出し、お風呂へ。朝風呂なんという優雅な態でもなく、湯船に蹲る。

少しほぐれてきたものの、「うおい」「うおっしょ」と奇声とともに着替える。こんな筋肉痛は久々。あれこれやってから、外に出かける。カライモさんに寄って、昨日やはり学区の体育祭に参加された奥田さんに聞くと、奥田さんは腰が痛いとか。奥さんはリレーで1位を取られたそう。話してて笑うと腹筋が痛い。

画像クリックで拡大

はんのきで本を少し入れ替え、お客さんに探書を配達し、メリーゴーランドさんへダッシュ。今日が一箱古本市の最終日で、閉店30分前になんとか到着。息が上るも、さらに階段が。上りきったところの踊り場が会場。面白い本がたくさん。トンカさんの絵本とか岡崎さん独特の本とか、皆さん特色があって面白い。店内に置かれていた林さんのエッチングにも惹かれる。

扉野さんもいらっしゃって、少しお話を。12月に『ボン書店の幻』を書いた内堀弘さんと、『山上の蜘蛛』を書いた季村敏夫さんの対談があるそう。これは行かねば。

次いで、エレファント・ファクトリーに行って、メリーゴーランドさんで買った『月刊ポエム 特集:文章読本』を読む。扉野さんが「荒川洋治の文章が良いですよ」と言っておられたので、さっそく読むと、丸谷才一を取上げて書いてある。たまたま、今『文章読本』『遊び時間』(共に丸谷才一、中公文庫)を読んでいたので面白かったです。

でもこの間も筋肉痛は去らず、家に帰りついたころにはヘトヘト。この筋肉痛、いつ取れるのでしょうか・・・?

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

20%オフの1周年キャンペーン開催しています。

誠に勝手ながら、14日(水)から18日(日)までの間、お休みさせていただきます。休み明けより、通常対応させていただきます。キャンペーンは25日(日)まで延長いたします。ご容赦くださいませ。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

第56回区民体育祭in室町小学校(室町学区)

です。

画像クリックで拡大

今日は、「町家古本はんのき」のある、挽木町(ひきぎちょう)のある、室町学区の各町内が集まって、室町小学校で体育祭が開かれました。各町内から老若男女が集まって大勢での運動会。これも京都ならでは?大阪もあるらしいです。福岡(北九州)は無かったよーな?

今日も好天に恵まれました。我が挽木町は若いもんが少ないということで、駆り出されました。リレーボール(ボールを後ろ向きに渡していき、最後に走る)×2と800メートルリレー×2と玉入れ。前者2つは予選と決勝。全力疾走したのは何年(10年?)ぶりだろう。もう最後はヘロヘロ。後ろの人に追いつかれてしまいました。みんな速い!でも800リレーは第3位でした。

他にも、小学生だけの競技や親子リレー、60歳以上の方のみの競技もあって、和気藹々とした雰囲気。いいですねぇ。カライモさんも、今日は、お店のあるところの学区の体育祭に参加されてるそう。筋肉痛大丈夫ですか?3日間の3祭(古本まつり、貝塚まつり(配達)、体育祭)の疲れで、もう足が踏ん張れないです。でも、楽しさも3倍ということで。今日は銭湯へ行こう。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

20%オフの1周年記念キャンペーンも開催しています。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

貝塚だんじり

です。

画像クリックで拡大

この日は、この前のアンティークフェアでお手伝いさせていただいた、アンティークショップ『えんぜる』さんの配達のお手伝い。洋家具・和家具の配達で岸和田へ。

配達先の御宅は、見事な町家。大阪にもあるんですね。築90年以上という古さにも関わらず、大事に住まわれていたみたいで、柱もキレイでした(はんのきとはチガウ?)。

運び込み&設置も無事終えた後、お客さんが、隣の貝塚市の「貝塚だんじり」に案内してくださいました。岸和田だんじりも見たことなかったですが、こちらも大迫力。写真の山車に乗っている人、落ちないかなぁ、と見ているこっちがハラハラするほどの速さで、道を走り、コーナーを曲るんです。凄い。

岸和田のお客さんは、「岸和田の方はもっと凄いで」と。やはり、昔から山車を引いたりされたそうで、前の日から興奮して眠れないぐらいだとか。いいですねぇ、熱い!この日は快晴でお祭り日和。次の日は、前日の四天王寺・大阪天満宮の古本まつりの疲れも加わって、筋肉痛でヘロヘロだったのですが・・・

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

20%オフの1周年記念キャンペーンも開催しています。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

北九州人京都漫遊ノ記・2日目後編

です。

うどん屋を出て、三条京阪のところでバスに乗り、ガケ書房へ。普段、チャリンコで京都中をウロウロしているので、バスに乗ったのは3年振りぐらい。中々に楽チン。ガケ書房に向かったのは、スタッフのうめこさんと合流するため。うめこさんもなんと、北九州人なんです。城田さんを介して、うめこさんを知りました。

そして、ガケ書房で山本善行さんと偶々遭遇。「善行堂」が定休日で、城田さんは残念そうでしたが、ご本人とココで会えて、色々話も弾んでました。うめこさんが仕事から上がり、近所の大衆食堂「大銀」へ連れて行ってくれました。

ボリュームがあって、安くてウマイ(焼サンマに焼茄子、ニラ玉)。乾杯して、色々話しました。うめこさんと呑むのも初めて。以前からあった「ぱんとたまねぎ」というフリーペーパーを、今度はミニコミとして出されるそう。ごっつ楽しみです。

大銀を出て、城田さんに以前言っていたバー「K-6」へ移動。城田さんはウィスキーをストレートで。骨董屋さんとか、古本屋さんとか、何故かお酒に強い人が多いです。何故か。とまれ、たっぷり呑んで、たっぷり話して(北九弁で)、最高。

うめこさんと別れ、とどめは、月光荘でオリオンビールを呑もう、ということになったのですが、0時を回り、店内も流石に真っ暗。その斜め前にあった「ガロ」という珈琲屋さんに入ったのですが、運良く、この日は営業時間を押して、店長さんが入れてくれました。

店内には珈琲豆の入った樽がずらりと並び、凄く音の良いスピーカーに、しっとりとしたジャズが流れ、何かこだわりな店だなぁと思ってよく見ると、焙煎機が。そうです、お尋ねしたところ、店長さんは焙煎士だったんですね。豆の種類が多くて迷っていたのですが、こちらの好みの味を伝えると、ドンピシャなコーヒーが。最後の最後まで、楽しい一日でした。

翌日、城田さんは倉敷へ。最後に、「北九州に帰ってきたら、ディープなトコロに連れてったるよ」という意味深なコトバを残して行ったのでした。
<了>

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

20%オフの1周年記念キャンペーンも開催中です。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

北九州人京都漫遊ノ記・2日目前編

です。

翌日、お昼過ぎ、「はんのき」にいち早く到着した古書城田さんから電話をいただき、合流。同業の方にお店を見てもらうのは緊張しますね。将棋の本をお買い上げいただく。北九州の古本屋の先輩の方に全然勝てないのだとか。

雨なので、電車に乗って行き、林哲夫さんの御宅へ、二人で訪問。色々歓談しつつ、林さんを特集されたテレビ番組のDVD鑑賞。2階のアトリエ横のお部屋で観せていただいたのですが、番組中、映るアトリエが後ろにあるのは不思議な感じでした。油絵の具の匂いがしていて、祖母のアトリエを思い出しました。城田さんは帰りに、しきりに「良い絵やねー」と繰り返してました。いつも装幀で拝見していたのですが、実際の絵も見れて、二人して喜んでました。

次いで四条へ。エレファント・ファクトリーでコーヒーとピザトーストを。店主のハタさんと話していると、ハタさんは、以前のお仕事で小倉へよく行かれてたそう。行きつけの呑み屋さんも話が合って、思わぬ偶然。店を出た後、カレーを食べようとして「インデアン」が閉まっていたので、「カレーうどん」を食べようと入ったうどん屋さんに休憩中のハタさんが居て、またまた偶然。

お腹も落ち着いたところで、続く。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

北九州人京都漫遊ノ記・1日目

です。

おととい、はんのきで店番していると、電話が。店主の地元、福岡県北九州市の古本屋さん・古書城田さんが来京。はんのきの店番の後、城田さんの宿泊先の月光荘へ。久々のご対面。一緒にお酒を呑むのは初めてですが、北九州弁で喋るので、すごく和みました。

黒部ダムに行った話しなどを聞きつつ、カレーを奢ってもらい(美味い)、オリオンビール(旨い)、次いで泡盛(安い)をいただく。店長の愛一朗さんによるスモーク盛り合わせも(美味い)。

画像クリックで拡大

リトルジャイアンで買ったというウクレレを見せてもらう(写真、ウクレレと城田さん、暗くて見えない・・・)。コードも教わる。月光荘に御飯を食べに来ていたマサさんなる方がバンドマンでウクレレ弾きで、オリジナルソングを歌ってくれる、『エコーで行こう』(ECHOという煙草です)。最高。

三線弾きのスタッフ・ダイちゃんも面白いです。月光荘によく御飯を食べに来る方が、今日開店したという店(二条東洞院下るの「ココカラ」夜バージョン)に移り(城田さんは月光荘で漫画読み)、そこでもオリオンビールを呑む。オリオンビールはいいですね。夏が終わったのが惜しくなるぐらい美味しいです。

すっかり楽しくなって、熟睡。翌日へ。つづく。。。

新入荷書籍アップしました。どうぞ、コチラでチェックしてみてください。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

オープン1周年

です。

やっとこさというか、あっという間というか、勢いで始めたネット古本屋が1年続けられたのは、ひとえに、皆様の御蔭です。ネットを通して弊店をご利用いただいた方々、この1年で出会えた方々、そして、「町家古本はんのき」を通して出会えた方々、ありがとうございます。

まだまだ、色々な意味で未熟者ではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。

そして、1周年を記念しまして、皆様への感謝も込めまして、20%オフキャンペーンをいたします。期間は10月4日から18日まで。御注文総額より2割引きさせていただきます。送料は実費をいただきます。

また、「町家古本はんのき」にて、御注文書籍をお受け取りいただくこともできます。御注文時に、お受け取り候補日を3つお書き添えください。手数料はいただきません。

また、本日、新入荷書籍をアップしました。コチラでチェックしてみてください。

割引キャンペーン期間中にも、また新入荷書籍をアップしますので、ご期待くださいませ。


頂いたコメント

オープン一周年おめでとう! ちょっと遅いか。金沢「あうん堂」へも行ったんやなあ。「はんのき」のこと、次号の「彷書月刊」で書かせてもらいます。また、京都でお目にかかります。
岡崎武志 | 2009-10-05 22:38:26

その節はありがとうございました!お祝いのお言葉までいただいて感激です。あうん堂さん素敵ですよ。「彷書月刊」に載るなんて最高です。知恩寺ですか?ぜひぜひまたゆっくりお話きかせてください。
店主 | 2009-10-07 01:58:23

オープン一周年おめでとうございまーす!
ホントいつの間にやらだねー。
本の道を極めてください!
masuhiro | 2009-10-07 23:31:42

うぃっす、ありがとさんです。まだまだ本の道の入口ですわ。卓球の道もボチボチとー。
店長 | 2009-10-08 20:31:17

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

京都大アンティークフェア

です。

明日2日から4日まで。場所は毎度お馴染み、竹田のパルスプラザです。いつもお世話になっているアンティークショップ「えんぜる」さんのお手伝いで、おととい、昨日はお店で準備、今日は搬入。

今回も合間をぬって、他のお店も見て回りましたが、やっぱり面白いです。
欲しくなったのは、アレです、よく時代劇で見る、お店屋さんの番頭さんの前にある格子。「結界(格子)」というらしいのですが、あれを買って、はんのきで畳で番台に出来たら・・・とワクワクしました。ええ、結構なお値段で、手も足もでなかったんですけど・・・

画像クリックで拡大

画像クリックで拡大

写真は、「えんぜる」のおかあさんからいただいた、折りたたみ式本立て。可愛らしくてちょー素敵です。早速、明日の店番に持っていって、御薦めコーナーにしようと思います。

でも、予報によると、明日は雷鳴る大雨らしいので、たぶん閑かも。ゆっくり読書しながら、時々顔を上げて、この本立てを見てはニヤニヤしてると思います。そんなこんなで10月もよろしくお願いします。新入荷アップももう少し、です。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。