スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初の風邪を

ひいてしまいました。

昨年は12月まで風邪をひかなかったのに、今年は早々に。今年最後にしたいもの。副鼻腔炎というのが原因らしく、かなり高熱が。病院でもらった薬を飲むとすぐ下がるのに、夜寝ていると上ったりとややこしいものでした。インフルエンザでなかったのが幸いか。

薬を飲んで熱が下がったとはいえ、特に何もできず、おとなしくベッドで読書。風邪ボケした頭でも読めるものをと、ベッド脇の平行読書ツイン積ん読タワーより引っ張り出したのは左の三冊。

画像クリックで拡大

杉浦日向子『入浴の女王』(講談社文庫)。漫画稼業を休止し、隠居となった日向子さんが担当編集者・ポアール・ムース・ビゼエンヌ・ド・ポッパー・M嬢と各地の銭湯を巡るというもの。全身五感で湯を味わい、風呂上りに呑み、また銭湯(その周辺)の人々をつぶさに観察し、記す。漫画もさることながら、文章も面白い。生前にも多く著作を残されたけども、もうちょっと長生きして欲しかったなぁ、としみじみ。漫画も面白いですよ。『百日紅』『百物語』ほか色々。ぜひぜひ。これを読んでる内に銭湯に入りたくなりました。完治したら近所の銭湯に行こう。。。

画像クリックで拡大

2冊目は、関川夏央『戦中派天才老人山田風太郎』(ちくま文庫)。ちょっと前に獺祭書房さんで購ったもの。「忍法帖」シリーズでお馴染みの山田風太郎さんへのインタビューを関川さんが苦心惨憺して再構築した、というもの。その甲斐もあってこれまた面白い。自らを「列外の人」と称した山田老の言葉は力強いです。山田さんのイメージは忍法帖しかなかったのですが、デビューからしばらくは推理小説を書かれてたとは知らなかった。面白かったのが、小説を書く上でのストレスが全く無い、とあったこと。それを聞いた吉行淳之介さんが絶句したという。『おぼろ忍法帖(魔界転生)』を今読んでいるのですが、なるほど楽しんで書いてるような。

画像クリックで拡大

ラスト。ヘミングウェイ『移動祝祭日』(岩波同時代ライブラリー)。ヘミングウェイが晩年に、若き日を過ごしたパリとそこで出会った人たちを回想したもの。

この題は本の冒頭の「もしもきみが幸運にも/青年時代にパリに住んだとすれば/きみが残りの人生をどこで過ごそうとも/パリはきみについてまわる/なぜならパリは/移動祝祭日だからだ ある友へ」から来たもの。これだけでも名文ですね。自分がいつか京都から離れたとしても、やはりこう思うような。

この本には、作家としての名声を打ち立てる前の、作品作りに苦心したり、貧しくも当時の妻と競馬を楽しんだりした日々、「ロスト・ジェネレーション」の名づけ親たるG・スタインとの日々と別れ、S・フィッツジェラルドやE・パウンド、J・ジョイスとの出会い、往時のカフェやレストランの様子、貧しいヘミングウェイに親切だった貸本屋のシルヴィア・ブラスなど、淡々と、甘く、時にシニカルに、また少し切なく描かれています。読んでるうちに、えもいわれぬノスタルジーというものが漂い、眠くなってしまうので読み終えてないのですが・・・

店主が風邪で寝込んでいる時に、店主の地元の古書店「古書 城田」さんが来京されてたのにお会いできず。トホホ。お店は広く落ち着いた雰囲気で、猫も時々店番されてます。お近くの方はぜひぜひ。また、「月と六ペンス」さんのホームページが出来上がっていました。本のリストまでしっかり。。お近くにお立ち寄りの際はぜひどうぞ。

新入荷書籍も追加しました。コチラもチェックしてみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

「edge」鑑賞会&新年会inアトリエ箱庭

に日曜日、お邪魔させていただきました。

画家・装幀家の林哲夫さん(ブログ:daily-sumus)、「BOOKONN」の中嶋さん、「とらんぷ堂書店」の宮下さん、みずのわ出版さん、惜しくも休刊してしまった「エルマガジン」編集の方々、「京都〇七五」の編集の方、恵文社の方、新聞社の方と錚々たるメンバー。

美味しいお酒をいただきながら、スカパーで放送された「edge」の詩人・吉増剛造、均一小僧・岡崎武志さん、林哲夫さんの、それぞれの特集を鑑賞。吉増さんは「詩人やなぁ」とその場の意見が一致。妖しくも熱い人です。そして、途中映った岡崎さんの部屋の本の積み具合に絶句。棚だけでなく様々な箱を活用して天井までの高さに・・・本ってあんなに積めるんだ、と先日読んだ南陀楼綾繁さんの「山からお宝」を改めて思い返したり。

そして、大トリ・林哲夫さんの回。アトリエで、並んだ古書の絵を描く林さん(その絵の装幀の書籍はもうすぐ発売されるそうです)、知恩寺の古本まつりで前述の中嶋さんや古本ソムリエ・山本さん、近代ナリコさんらと買った古書について話している図。去年、アトリエ箱庭さんにて開催された「佐野繁次郎装幀コレクション」展の様子と、古本漬けな30分でした。

林さんは照れくさそうでしたが、テレビで古本好きな方々と古本が映ってるって良いです、ほんとに。前述の中嶋さんはデザイン・アートの書籍を中心に据えつつも、他方で「アホアホ本」という古本のいちジャンルを築きつつある方ですし、宮下さんはフランス関係の書籍中心に、和書・洋書問わず、素敵な棚作りをされています。古本の世界は本当に奥が深いです。ただ、その場でも言われたのですが、「自分なりに楽しめば良いやん」ということで、気合が入った一日でした。

画像クリックで拡大

ただお酒も少し入りすぎたのか、凄い方々とお会いして緊張もしましたので、電車で眠りこけてしまい、眼が覚めたら京都。この日の袖珍本、千野栄一『ビールと古本のプラハ』(白水Uブックス)を読み終えることが出来ず。

画像クリックで拡大

千野さんは言語学者で、カレル・チャペックを始め、東欧文学の翻訳を多くものされた方でもあります。波乱の歴史を歩んできたこの地方と、長く時を共に歩まれた方で、プラハという町の変遷が静かに、もちろんビールや魅力のある酒場についても語られています。原書の資料探しの経験や彼の地の古本屋さんのことが綴られた『プラハの古本屋』(大修館書店)もお薦めです。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

京都にも雪が

降りました。

昨日(12日)の2時ごろでしょうか、ふと、外が静だな、と思い窓を開けると雪が降ってました。結構大粒だったので、朝には積もってるかな、とワクワクしつつ就寝。朝起きて外を見るとそこは・・・とはいきませんでしたが、隣の家の屋根や、道を行く車の上にも雪が。

画像クリックで拡大

せっかく早起きしたので、しばらく行ってなかった京都洛北方面へ。鴨川の河原にも雪が。大文字山(五山送り火のひとつ)にも雪が積もり、「大」の字が白抜きで中々風情が。北白川のスーパー前の上海ラヂオさんを覗いて、次は何処に行こう、と迷っていると軽い吹雪が。

近くの竹岡書店さんに避難。こちらの絶版岩波文庫の品揃えは最高です、もちろん他の本も。北へ向かってガケ書房さんへ。前回と同じ轍を踏み、開店前。向かいの喫茶店に避難(軽い吹雪継続中)。おいしいコーヒーで一服して、ガケさんへ。こちらは新刊本屋さんなのですが、古本ブースもあり、個人の方や古書店の方が出店されています(古本ソムリエさんの善行堂や、砂の書さんやBOOKONNさんも)。色川武大さんに関する本、南陀楼綾繁さんの『山からお宝』を購入。後者は、気付いたら本の山ができていた・・・という方々の面白くも怖ろしいお話。

次も北上し文庫堂さんへ。G・オーウェルに関する本を。さらに北上し、萩書房さんへ。そして仕上げの恵文社一乗寺店。こちらはもう京都の観光スポットにもなってしまった本屋さんです。様々な角度でセレクトされた本が、キラキラと・・・飽きないですよ。

帰りにボウズカフェでいつもの野菜カレーを。常連のM君が来て、郷土・群馬の名物「焼きまんじゅう」を振舞ってくれました。しかも手作り。みそダレがモッチリしたマンジュウと合って中々オツなお味。またそのうち味わえるかな?

こんな三連休の最後でした。もうすぐ新規目録をUPいたします、乞うご期待です。

このブログも、単なる店主の「古書店めぐり」しか載ってないような・・・頑張って面白い本のレヴューなんかもそろそろ挑戦します(いつになるやら)。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

謹賀新年

です。

画像クリックで拡大

明けましておめでとうございます。

今年も皆様にとって良き一年でありますよう、ご祈念申し上げます。

古書ダンデライオンも、新米古書店ながらも精一杯、邁進して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

古書ダンデライオン店主

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。