スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カライモブックスとハンノキのぼくたちナカヨシ古本市 の お知らせ と

です。

画像クリックで拡大

「カライモブックスとハンノキのぼくたちナカヨシ古本市」

とき:2012年7月27(金)、28(土)、29(日)
   11時半~20時 (最終日は19時まで)
ところ:雨林舎さん2階のギャラリースペース

KARAIMOBOOKS(カライモブックス)さんと、町家古本はんのきの合同古本市を、雨林舎さんにて開催いたします。雨林舎さんでのイベントは久しぶりです。都合4店(カライモさん、はなめがね本舗、思いの外、ダンデライオン)、どんな古本が並ぶのか。乞うご期待です。ちなみに、雨林舎さんは、7月で、8周年を迎えられました。ブラボー。


画像クリックで拡大  画像クリックで拡大
(画像は、ぱんとたまねぎブログより引用)

益元泰江さん(料理研究家)×林舞(ぱんとたまねぎ)
『ふらいぱんノート』発酵!

福岡県北九州市在住の料理研究家、益元泰江さんのレシピ集を、同じく、北九州市出身の林舞さんがデザイン。フライパンひとつで作れる簡単レシピ。上記の雨林舎さんでの古本市、ならびに、町家古本はんのきにて販売いたします。詳しくは、ぱんとたまねぎのブログでどうぞ。益元さんのブログもどうぞー。


---------------------------------------
ツイッターやってます。ときどきつぶやいてます。
@koshodandelion

雲のうえのしたでブログ更新されてます。コチラ
「雲のうえのしたで」の会員も随時募集しております。牧野伊三夫氏デザインポストカード、オリジナルバッジが入会特典。ブログでも詳細掲載しております。京都では、ガケ書房スタッフ・うめのたかし氏、もしくは古書ダンデライオンまでお問い合わせください。
雲したツイッターです。ときどきつぶやいてます。
@kumonoshita
スポンサーサイト

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

prinz秋市2011 の お知らせ

です。

画像クリックで拡大

とき:11月19日(土)、20日(日) 10時~16時
ところ:prinz

毎年、prinzさんでは、春市、秋市が開催されています。毎回豪華かつ素敵な出店陣。
今回、19日に、はんのきも参加させていただくことになりました。やった!
という訳で、毎度のごとく、古本持って参戦します。

このイベントでは、初披露な「こけし雑貨」も持って行きます。
こけし雑貨は、mocomococafeの創設メンバーである、カガモクさん製作のオリジナル雑貨です。
やはり、こけし好きの、はんのきメンバー・はなめがね本舗がmocomococafeでの
豆こけしワークショップに参加したことから、ご縁ができました。
可愛いですよ、ぜひぜひ。

毎週のごとく、イベントに参加させてもらってますが、それなりにリキ入れて、
新入荷本を中心に出店してます。こちらもどうぞ、お見逃しなく。
今回は、「秋」がテーマなので、芸術関係の本が多めです。

多彩な顔ぶれの出店者さんの一覧は、コチラでどうぞ。

画像クリックで拡大

また、同日、夜から、京都みなみ会館にて、オールナイト上映イベントが開催されます。
こちらで、終夜出店予定なのが100000t
先週の、夜ふかし市6ではお世話になりました。カジさん、倒れないでね。
皆さん優しくしてあげてください。


---------------------------------------
ツイッターやってます。ときどきつぶやいてます。
@koshodandelion

雲のうえのしたでブログ更新されてます。コチラ
次号の「雲のうえ」は11月20日発行予定。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

夜ふかし市 VOL.5 7/30(土)のお知らせ

です。

画像クリックで拡大    画像クリックで拡大


・夜ふかし市 VOL.5

とき:7月30日(土) 12時~19時
ところ:京都タワー4階

その名のとおり、いつもは夜開催の「夜ふかし市」が今度は昼開催。しかも京都タワーの中。広いスペースに、古本、アクセサリー、雑貨など、80軒以上の出店、ライブにパフォーマンスにと、ますます盛大に。「町家古本はんのき」も古本出店します。これは行かんと。出店者など、詳しくはコチラで。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

走る 何が 古本が

です。

画像クリックで拡大

星空列車 左京ワンダーランド号

6月4日(土)、今年も古本載せて走ります。着いた先には楽しいお店たち。ライブのBGM付きの電車なんて、中々乗れませんよ。ぜひぜひ。
まだ少し予約に空きがあるそう。急げ!!

発車時間、イベント内容、出店者さん、予約申し込みなどは、コチラ
一箱出店者さんなど、詳しい情報はコチラ

当日は、はんのきから、はなめがね本舗と思いの外が、列車内店番いたします。私は、はんのき店舗の方の店番です。元気な方は、両方どうぞ~。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

町家古本はんのきリニューアルオープン

です。

画像クリックで拡大

半月ぶりの、はんのき開店の日、午前。ここは三重県名張市の近鉄名張駅。良い天気でした。桜の花吹雪が凄かったです。その中を、燕がすいすいと飛んでました。また、ここ名張市といえば、アレ、赤目四十八瀧で有名な場所。車谷長吉の『赤目四十八瀧心中未遂』(読んでないけど)、映画にもなった『赤目四十八瀧心中未遂』(観てないけど)の場所。いや、滝、見たかったのですけれど、さすがに今日は大切な日なので、帰京。ここへ来たのは、出稼ぎです。はい。赤福は買いました。電車で行ったのではないですよ、車ですよ。為念。私のではないですよ。為念。

お店に着くと、ありの文庫の木田さんが。ありがたし。出来立てのショップカードと、開店祝いもいただきました。ありがたし。その後、ぽつぽつとお客様が来られて。夕方、耳鼻科で花粉症(檜になって、だいぶ楽になった)の薬を貰うために一旦抜けて(その間に、きりりん堂さんが来てくださっていた、ありがたし)、戻ってしばらくすると、OKAPPAさんが。昨年のブックマークナゴヤでお隣だった「OKAPPA/KARIAGE」さんのお一人。ありがたし。OKAPPAさんは、フリーライターをされていて、最近発売された、京阪神エルマガジン社の『KYOTO ART&CULTURE MAP』(はんのき・トリペルも載ってます)や『Meets』の記事も書かれてるそう。凄い!

合間で、新メンバーの2人とちょこちょこ話しつつ。皆、活動時間が違うため、3人揃うのも、まだ数回目。次回は、開店祝いに呑みに行く予定。2人とも、多分、私よりお酒強いです。若さゆえ、とかではなさそう。年齢でいうと、私から2歳ずつ↓です。私→はなめがね→思いの外、もしくは私→思いの外→はなめがね。どちらでしょう?ちなみに、古本活動歴からいうと、思いの外→はなめがね→私。古本屋歴でいうと、はなめがね→私→思いの外、となる。ややこしや。

そんなこんなな一日でした。
また今後とも、よろしくお願いいたします。前と同じく、本読みながら、お待ちしております。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

Author:古書ダンデライオン店主
オンライン古書店・古書ダンデライオンと平行して、現在、京町家にて「町家古本はんのき」という古書店を3人で共同展開しています。また、過去にマンガ・古本カフェ・Tripel(トリペル)を、3人共同で展開してました。

「良書廉価」「ぼちぼち」を合言葉に古書を提供してまいります。

買取りなど、お問い合わせは↓

MAIL:o.b.dandelion@gmail.com
TEL;075-211-1977

店主:中村明裕

〒604-0982
京都市中京区松本町583-1-207

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。